投資の正しい考え方

投資の正しい考え方 画像1

投資を始める前には一度理解をしておいた方がいい「投資の正しい考え方」。

お金もうけの為の投資というイメージで始めると大変なことになる可能性があります。

正しい考えのもとで投資をすること。これは投資の基本になるでしょう。

投資とは

投資とは本来「利益の獲得を目的に、一定期間、資金を証券・事業などに投下すること」を

指しています。簡単にいうと「お金を働かせる」ことです

人は生きていく上で夢や理想の人生を求めて生活しています。

それを実現させるために頭でイメージしているプランがあると思います。

そのプランの一つにマネープランというものがあるでしょう。

貯金するだけではその夢や理想に届かなくなってきています。

だからこそ人は何かに投資をするのです。

投資家としての正しい考え方

先人にはすばらしい投資家がたくさんいます。

ウォーレンバフェットもそうですが日本にもすごい投資家はたくさんいます。

このような人達は「クリティカルシンキング」をしている傾向があります。

考え方が論理的で客観的。感情論が先行しないのです。

人はどうしても自分の感情が先行して自分の都合のいいように事実を解釈してしまいます。

実を事実であると素直に認めないところがあると思います。

有名な投資家であるグレアムは不確かな事項を判断材料から切り捨て、

確固たる頑健な事実から論を練り上げてきたと有名です。

これこそ投資家としての正しい考え方なのでしょう。

投資家はすべて同じ土俵

市場にいる限りはプロの投資家も個人投資家もすべて同じ土俵に立っています。

そこで何よりも武器となるのは知識でしょう。

知識で個人投資家が機関投資家のようなプロに勝つのは正直無理でしょう。

最低限知識を身に着けるのは重要ですが、それよりもまずは考え方でプロの投資家に

負けないようにしなければなりません。

考え方が成長しなければきっとそれは投資ではなく投機になっているかもしれません。

今投資をしていても上手く利益が出ていない方は考え方を変えるか、もしくはもっと簡単に儲かる投資商品で投資をする方が良いでしょう。

ちなみに簡単に儲かる投資商品というのは、管理人も去年くらいから始めた「仮想通貨」です。仮想通貨はリスクがなく、保有しているだけで儲かるので知識がない人でも大丈夫です。

知っておきたい20代でも儲かる仮想通貨についてはこちら

これから投資を始める人は投資について正しい考えを持ったうえで始めましょう。もしくは管理人のように仮想通貨で楽して儲かりましょう!笑





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする