投資信託の毎月分配金で月20万入ってくる為に必要な金額

投資信託の毎月分配金で月20万入ってくる為に必要な金額

自分の資産運用を真剣に考える方が大変多くなっています。

特に若い20代から考えるのは非常に重要となっています。

また資産運用はその人の人生において大変重要な手段となります。

まずは堅実で安定した運用を行っていく事が大変重要な事となります。

投資信託という金融商品の特徴

投資信託は大変多くの方にとって大変重要な金融商品です。

株式投資やFXに比べて低リスクな投資を行っていく事ができるので、

投資初心者にとっては大変おすすめの投資手法となります。

投資信託は基本的には長期保有が前提となる金融商品です。

ではこの分配金で毎月20万円前後の収入を必要とする場合

どの程度の投資元本が必要となってくるのでしょうか。

投資信託はその商品において基準価額等は大きく事なりますし、

また、分配金等も当然異なってきますので一概には比較、検討していくのは難しいです。

しかし、毎月約20万円という金額は定年を迎えて年金生活を送る方が必要とする金額です。

投資信託で毎月安定した運用を行っていきたい方はやはり

3000万円前後を購入資金の目安としておけば若干の金額の前後はありますが、

概ね約20万円前後が収入と入ってくる計算となるのです。

普段から自分の老後に必要な資金がいくらか、

きちんと計算をして適切な貯金をしていきましょう。

投資信託は値動きが大変緩やかですので、

その点からしても安心して投資ができますね。

株式や債券等、様々な金融商品を組み込んだ投資商品が大変多く市場において

販売されています。

自分に最適な金融商品を選んで楽しんで自分の資産形成を楽しんでいきましょう。

資金をためるためには何に投資をすればよいのか

ただ、ここからは現実的な話です。

投資信託に投資をするとしても、

実際3000万円ほどの余裕資金がないと

それなりに手ごたえのある分配金を得ることはできないということがわかります。

つまり、いくら投資信託に興味があっても、

元手が少なすぎると何も面白くありません。

なので、投資信託を購入するための資金をどう作るのか、

という根源的な問題に直面します。

特に20代ではお金もたくさんはもっていないので、

投資信託をいきなり購入することは得策ではないでしょう。

毎月1000円などで積み立てする商品も存在するようですが、

いずれにせよまとまった資金を早くためるに越したことはありません。

そもそも投資信託という商品が設計段階でターゲットとしているのは

40代から60代であり、数千万程度の資金を持っている人です。

最初から20代は相手にはされていませんね。笑

気を取り直して、とりあえずまとまった資金を1000万と定義し、

どのようにこの1000万円を得ればよいのか考えてみます。

元手を作るための投資対象は何が最適か

簡単に考えるなら

①株
②fx
③不動産
④先物

などが挙げられます。

ただし、一気に自分の資金を増やすには近年脚光を浴びてきた仮想通貨もあります。

事実管理人は仮想通貨でうまく資金を増やした一人でもあるので、

これを機会に学んでみてはどうでしょうか?

管理人は200万を2900万円まで増やしました。

投資信託を買うための資金をどうやって稼ぐのか、

色々投資対象を研究し、分析していきましょう!





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]