投資信託はサラリーマン向きなのか?

投資信託はサラリーマン向きなのか?

サラリーマンはとても忙しい。

自分の時間を使ってお金を稼いています。なので忙しい。

収入源は、主に会社からのもうらう「給与」が収入となります。

ほとんどの人がこの給料で生活をしております。

ですがこの企業がなくなれば給料もなくなります。

なので給与収入以外の収入源がほしい…。と思いますね。

その方法として資産運用があります。

その一つに投資信託という方法があります。

この投資信託はサラリーマンに向きともちらほら言われています。

忙しいサラリーマンにぴったりな資産運用

投資信託というのはとても簡単にいうと

「自分の代わりにプロの投資家が株式投資等を行い運用してくれる」

というのが投資信託というものです。

株式や不動産など、様々な商品があり、投資先が異なっています

細かく分けると投資先によって「株式投資信託」「不動産投資信託」のように分けられています。

投資信託は、プロの投資家が投資・運用して利益を得た場合、

その利益が投資家たちに配当されるという仕組みです。

注意点として投資なので、投資信託も元本が保証されているわけではありません。

元本割れのリスクがあるというのはあらかじめ認識しておいた方がいいでしょう。

時間がなく学ぶ時間もないサラリーマンにとっていい資産運用の方法かと思います。

資産運用の基本は長期投資です。

サラリーマンであれば多少の貯金があるはず。

100万円~1000万円であれば数年単位を前提とした長期投資に取り組むといいと思います。

普段忙しい方でも投資信託であれば投資が行えて「投資家」としてデビューもできます。

短期的に運用しようとするのであれば時間がない状態では投資は難しいと思います。

時間が圧倒的に少ないサラリーマンにとって、短期投資という土俵は分が悪いです。

プロの投資家達が時間を使って分析をしているからです。

長期投資であれば、毎日細かいの分析なくても投資できます。

多少の貯金があるサラリーマンであれば投資信託で長期投資は手堅い手法です。

投資信託でもいろいろある。

投資信託はサラリーマン向きというのはわかるが、ではどういったものに

投資をすればいいの?となると思います。

まずは、「株式投資信託」の「日本株」の銘柄の投資信託ではないかと思います。

日本株に関する情報は多くのサラリーマンが読んでいる新聞、ネットニュースでわかります。

なので投資をしやすくいのだと思います。

いろいろあるので投資信託も探してみるといいでしょう。

その投資信託がどのような投資をしているのかを知ることも重要です。

わけのわからないものに投資をしているような投資信託は気を付けたほうがいいかもしれません。

現代では、サラリーマンとして働きながら投資をしている方、案外多いいです。

早い段階で投資を行えば「複利の効果」により資産は積みあがっていきます。

忙しいサラリーマンでも投資信託を利用して投資をしてみてはいかがでしょうか?

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]