投資信託って不動産よりも危険?

先日…

どうも。

先日、朝のワイドショーの番組で「UFO」のカップ焼きそばを

10分間お湯を入れたまんまで食べたら「おいしい」と聞き

いざやってみました……。がただ伸びているだけじゃんと

思ったのは私だけではないはず(笑)

どちらかというと「硬め」の方が好きな人にはあまりお勧め

出来ないですね!

さて今日は「投資信託」と「不動投資」について

投資信託って不動産よりも危険?

投資信託 危険 不動投資

投資をきいて「株式投資」の次に頭に出てくるのが「不動産投資」

だと思います。さんざんこのブログで投資信託は他の投資と比較しても

安全性はあると書きましたが、世の中には不動産投資の方が安全性はある!

と言い切っている人もいたのでどっちなのか調べました!

投資信託も一つの投資なのでもちろんリスクはあります。

ですが不動産投資もリスクはあります。

不動産投資のリスクとして例えば賃貸用の不動産に投資をしているのとします。

ここで考えられるのは、株式や投資信託と違い、借り手が見つからないと、そもそもお金が自分のところに入ってきません。ですがコストはかかったまんまです。この状態が続いてしまうと支出だけが

多くなってしまうのです。固定資産税や管理費(メインテナンス)がかかります。

なので赤字になる可能性が大いにあり得るということです。

また物件の価値というのがあり、この価値は基本的に落ちていく傾向にもあると言われています。

5年後10年後に物件が今の価値を持っているかとどうかなどわかりませんからね。

では反対に投資信託を見ていきます。

不動産投資に比べて元本割れのリスクは少ないと考えなくても良いような投資信託もあります。

賃貸用の不動産を1つ2つ保有するよりも、投資信託であれば、分散投資も可能です。

複数の投資信託で分散することによりリスクも最小限にできます。

やたらめったに投資信託を購入するというのはお勧めできませんが

自分で考えてリスク分散の為にいくつか投資信託を購入することはいいことだと思います。

というところから、一概には言えませんが不動産投資より投資信託の方が危険という

のはないのではないかと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてみてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]