投資に役立つ資格ってあるのか?

投資に役立つ資格ってあるのか?画像

学生時代「時間あるうちに資格を取っておいた方がいいよ」とよく耳にしたもんです。

つぶしがきくと言われていましたね。

誰でもとれる資格を保有していても意味ありませんが、

かといって弁護士・医者資格を持つのはほんの一握り。

そこでここでは投資に役立つ資格についてまとめてみました。

投資に役立つ資格があればお金に直結しますから是非取っておきたいものです

参考にしてみてください。

投資に役立つ資格5選

投資に役立ちそうな資格を5つ集めてみました!

簿記(2~3級)

資格と聞いて出てきやすいのが「日商簿記検定」通称「簿記」です。

聞いたことがある人だと「お金に関する資格」と認識している人もいるでしょう。



簿記は「企業の経理事務に必要な会計知識」や

「財務諸表(貸借対照表と損益計算書)を読む力」

「基礎的な経営管理や分析力」を身に着けることができます。


学ぶことによって企業の決算書を読めるようになるので

「業績がわるい会社」の株式を購入することはなくなります。

また投資・資産運用に対する知識を深めるだけでなく、

転職や現在のお勤めの仕事にも大いに活用できる資格でもあります。

もちろん勉強しなければ受かりません。

まったく初めての方では約200時間程度の勉強が必要と言われています。

株式投資をテクニカルに(チャート・各種シグナル)で、

行おうとしている人はちょっと違うかもしれません。

即物的に資金を得たい人には遠回りな資格と言えますね!

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPはFinancial Plannerの略語です。

FP(ファイナンシャルプランナー)は、

「節約・税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続」と様々な分野を学ぶことができます。

こちらはマネーリテラシーを高めることができる資格です。

お金との上手な付き合い方・お金の重要性などを学びたい人にとってはとても有効です。

資産運用のゴールを考えるのにはとても役立つ知識です。利子計算など身に付きます。

将来にライフプランニングも立てやすくなるでしょう。

本屋にたくさん問題集や参考書があります。

宅地建物取引主任者

不動産取引に必要な法律知識をもつ資格です。

投資は株式投資だけではなく、不動産投資もあります。

今後不動産投資に取り組みたいと思っている方であれば役立つ資格かと思います。

不動産投資をして資産運用する場合、「物件の選別」「採算性の判断」「節税対策」など

必要なことを自分で、できるようになります。

この資格を取得すると不動産に係る重要事項の説明や売買、仲介を行う事ができるようになります。

不動産会社の方は皆さんもっていることでしょう。転職にも有利かもしれません。

不動産・土地は知るほど経済がわかったりします。

株式投資専門の投資をする人でも教養を深めるために資格を取っていても

損することはないでしょう。

投資は投資でも、不動産投資の場合に必要な資格と言えますね!

証券外務員Ⅰ種及びⅡ種

証券外務員Ⅰ種とⅡ種は、証券会社の職員が取ることを求められている、

金融関連の代表的な資格です。

普段インターネット証券で株式売買を行っている方は、わからないかと思いますが、

実際の証券会社の実店舗で証券口座を開設する時や株式を購入するときの営業の方は

すべて「証券外務員」の資格を持っています。

証券外務員によって

「財務諸表の読み方」「経済・金融関連の基礎知識」「金融取引関連のルール」

を学ぶことができます。

証券外務員を勉強することで、

最初に知っておきたい資産運用関連の基礎的な知識を

短期間で吸収することができます。

投資関連の幅広い知識が身に付きますので、

個人で投資・資産運用をされるかたに注目されている資格です。

証券外務員にはⅠ種とⅡ種があります。

Ⅱ種に関しては難易度がかなり低い資格となっています。

この資格の特徴は、個人投資家が取得するものというより、

特定の職に就いた人が必要性に応じて取得するものでしょうね。

証券アナリスト

証券アナリストという資格があり、

この資格は証券会社の調査部門で働く人が取得を目指す専門性の高い資格。

この資格を取得する為には、「経済学」「財務分析」「証券分析」

という分野を理解する必要があり、

経済理論から銘柄価値の算出方法までを幅広く学べます。

本気で投資・資産運用で結果を出したいと思っている方、

専業投資家として生計を立てようとしている人に人気がある資格とも言えます。

証券アナリストの資格を取得すれば、

プロ並みの銘柄選びのセンスを身につけることができるようです。

投資に役立つところの資格ではありませんね。それ以上です。

内容としては簡単に受かるような試験ではないので、

死に物狂いで勉強しなければいけません。

その分取得した後は大きく投資に役立つでしょう。

専門性が高い分、個人のトレードにも役に立つ気がします!

以上、投資に役立つ資格5種類を調査しました。

資格を取る為に勉強をするので自然と投資・資産運用に役立てるとは思います!

資格を取るタイミングと投資をするタイミング

ここまで、投資に役立つ資格について、みてきました。

では上記のような資格を取得する場合、いつとるのがいいのでしょうか?

このタイミングは非常に大事です。

なぜなら資格をとるときまったら一定期間、他のことは制限されるからです。


しかし一方で、投資というものは、タイミングが重要です。

あなたのタイミングではなく、マーケットのタイミングに沿って投資をすることが、

投資で一番効率よく勝てる方法だということは、

どこの本でも書かれている真理です。

実際投資をしようとする際、その時期はとても重要です。

資格の勉強を始めたタイミングで、

マーケットが絶好の投資タイミングに入ってしまっては、

本末転倒になります。

この点は、頭に入れておいて損はないでしょう。

  

例えば北朝鮮のミサイル問題。

最近連発してミサイルが飛びすぎるので、そこまで顕著ではなくなりましたが、

基本、北朝鮮のミサイルが飛んだと報道されるたびに日経平均が下がります。

これは、もしも日本にミサイルが落ちてきたら経済が混乱し、

日経平均が大暴落するであろうことから、

その万が一に備えて多くの投資家がポジションを外すことで下がるのです。

しかし、国際政治に強い人や、朝鮮半島情勢に強い人は、

必ず日経平均が大きく下がったところで買いを入れます。

彼らは北朝鮮が絶対に日本にミサイルを打ち込まないことを知っているからであり、

ミサイル関連報道により日経平均が下がることはまたとないチャンスだと。

このように「絶好のタイミング」は、ある日突然やってきます。

20代の時間のあるうちに資格を取得することが最善であることは間違いないです。

しかし、資格はあくまで資格。

弁護士になったとしてもいい生活ができるとは限らないのが今のご時世。

そう考えると、資格を取ることに集中しすぎて、

大局観を見失うことは避けなければなりません。

管理人は仮想通貨で資産を14.5倍に増やしました。

ここ2年は買っておけばどれも上がると言われてたからです。

資格はいつでも取れますが、

儲けられるチャンスは唐突に来て長く続くものではありません。


重要なのは、自分のタイミングに合わせるのではなく、世の中のタイミングにあわせる

ほうが、お金を増やすことに関しては正しいということです。

ちなみにビットコインをはじめとした仮想通貨ブームは、

今から2年くらい大きなトレンドになります。

つまり、誰でも儲かるタイミングと言えます。

今を商機と捉え仮想通貨に投資することは一つの効果的な選択だと考えます。

仮想通貨を買う人はまず口座開設から。

テレビCMでもお馴染みのビットフライヤーが便利です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

資格の勉強よりもまずはお金周りを学びたい人へ、

無料で受けられるセミナーがあるので、ご紹介しておきます。

おすすめ無料セミナー

「もうちょっとお金について学びたい」

「賢く資産運用したい」

「投資で失敗してしまった…。。」

など考えている方は無料体験セミナーに行かれてはいかがでしょうか?

「少額から始められる節約の方法」

「お金に働いてもらう方法」

「収入の2割を自動的に貯める方法」等、

お金に関する基本的な知識がなんと「2時間」学べる無料のセミナーです。

無料ですが、内容は濃いのでおすすめです。


*マネーセミナー
http://www.f-academy.jp/school/kyouyousemi.html

*株セミナー
http://manakabu.com/taiken/

*仮想通貨セミナー
http://fusioncoin.site

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする