1人暮らしの家賃や食費の目安はなんじゃ!続き

昨日の続き…!

どうも。

昨日、1人ぐらいの支出はどのくらいの目安なのかを
調べましたが、ちょっと長くなりそうだったので
今日はまたその続きを!

支出のバランスは「65:20:15」が大事らしいです!
そのうちのさらに細かい「65」の生活費について
昨日は書きましたが今回は残りの「20」「15」についてです
書かないと忘れてしまうので書きます。

1人暮らしの家賃や食費の目安はなんじゃ!続き20代 投資・貯蓄 画像

それではばーーーと昨日につづき

1人暮らしの家賃や食費の目安なんじゃー書きます!

【娯楽費】洋服・習い事・デート代、趣味に使う費用など

娯楽費というのは
美容・被服費、教養費、交際(デート)費などのことかなーと思います。
その娯楽費(お楽しみ費)全部で合わせたらだいたい20%程度がいいらしいです。
昨日のケース同様、だいたい手取りが25万円と仮定すると
5万円前後でしょうか。

ここの細かい分類に関しては人によって違うかと思います。
洋服が好きな人もいれば、パチンコ、映画鑑賞、やらなんやら
娯楽違いますからね!

女の子とのデートで男性は男を見せると思うので
もしかしたら20%では難しい場面があるかもしれませんね…(笑)

話がそれますが、友人が言っていたのですが
外国の女性の方とのデートで、食事をおごったら
その女性は「おごってもらう立場が嫌だったらしく」
怒られたのこと…可愛そうに…
どうやら外国の女性の方には「おごられたくない」って方が
案外いるらしいです。

…もう難しすぎる!(笑)

【貯蓄・投資】10%~15%以上 理想的

最後に、貯蓄・投資の割合ですが、
言われているのが最低10%以上が理想とのこと。
15%以上であればもっといいとのことです。
先ほどの収入のケースであれば
2万5000円~3万7500円前後ですかね。

この金額を貯蓄に回すのか投資の回すのかは自由ですが、
貯蓄に回すぐらいなら投資に回したほうがいいかなとは思います。
意外ときゅうな出費が必要なケースってあるようでないので。

「65:20:15」のバランスいい勉強になりました。

理想は投資の割合を増やしていきながら娯楽費も伸ばしていく!

とりあえずそろそろ投資します(笑)





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]