20代の資産運用シミュレーション

プロとアマ…

投資の世界でも「プロ」と「アマチュア」というくくりがあります。

もちろん「プロ」の方が投資のパフォーマンスはいいですが

「プロとアマチュア」の投資の違いの1つに自分の運用に伴う

リスクとリターンの管理が違うと言われています。

資産運用の失敗のほとんどのケースは、自分の運用に伴うリスクとリターンの

大きさを把握せずに運用してしまったことが原因。

プロの投資家はとことん、シュミレーションをしているとのこと。

シュミレーション、リスクとリターンの管理が重要ですね。

そこで今日は資産運用のシミュレーション

20代の資産運用シミュレーション

20代 資産運用 シミュレーション

投資、資産運用の世界で「シミュレーション」は、目標の達成確率を上げ、

損失範囲を制限することもできることができます。

計画段階のミスは、運用の失敗に直結するとのことで

事前にシミュレーションすることが大切と言われています。

では20代ではどのような資産運用のシュミレーションををするべきなのでしょうか?

目標金額を設定

まずは、年代ごとにいくらのお金をいくらに増やすかを考えることが大切。

目標によって取り組み方も違います。

例えば、手元の10万円を1億円に増やすのと50万円に増やすのとでは、

やるべきことが大きく違います。

まずは資産運用のスタートとしゴールを数値で明確にすることが

シミュレーションがしやすくなります。

まずはその目標金額を設定しましょう。

運用する期間を設定

目標の金額を設定したのならば、次は投資する期間を設定します

決めやすいやり方として「いつまでに?」その目標金額が欲しいかどうか。

例えば、手元の100万円を30年で200万円と1年間で200万円。

この二つではまた違ってきます。

適切な資産運用の方法やリスクなど大きさが変わります。

「いつまでに」という達成期限を明確にすることが大切です。

この金額と期限が決まれば、毎年どのくらい利益を出さなければいけないかという

必要のある金額がわかるのでシミュレーションの枠が決まります。

期待する金利設定

運用目標と設定期間が決まれば、毎年どのくらい資産を増やせばよいか

が分かるかと思います。

例えば、手元の500万円を10年で1000万円に増やしたいのならば、

単利運用で毎年50万円の利益を出すことが必要です。

複利が利用できる金融商品で資産運用を行なうのならば、

年利が7.2%以上の金融商品で運用、探す必要があります。

このように目標金額と設定期間が決まり、狙うべき年利が分かれば、

適切な運用方法を選ぶことができます

そこであまりのも高い金利が必要であれば、運用目標、設定期間を

見直す必要があるかもしれません。

またこれに追加してリスクを想定していた方がいいでしょう。

いかがでしょうか?

20代の資産運用のシュミレーションの参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]