収入と喫煙率の関係性?!

2015年最後の日曜日…

あと数日で今年も2015年も終わりますね…

もう仕事納の人もいるかと思いますし、

明日で最後という人もいるかと思います。

私は明日で最後ですが…

この間、気になる記事がありました!

「所得が低いほど、喫煙率が高い」というのを

厚生労働省が発表をしていました!

収入と喫煙率の関係性

喫煙 画像

つい最近厚生労働者が発表していたのですが、

所得が低い人ほど健康診断をうけなかったり。

喫煙率が高いというデータになったそうです!

健康に対して関心がない人が多いとのことです。

どうやら、所得が低い人たち健康を管理するという意識そのものが

ないというのが問題とのこと。

※ここでいう所得が低い人たちは200万未満のことを言っております。

どうやら低所得層には健康診断を受けていない人は4割近くいるとのこと。

対して高所得者との比較とは、16%~30%よりも高かったということ。

興味深いデータですが、そりゃお金があれば、健康診断に行く回数は

増える気がしますけど…

喫煙の割合は?

喫煙者の割合はこのようなデータらしいです

【男性】

・200万円未満の方(低所得者)  35.4%

・200万円以上~600万円未満の方(中所得者) 33.4%

・600万円以上の方(高所得者) 29.2%

【女性】

・200万円未満方(低所得者) 15.3%

・200万円以上~600万円未満の方 (中所得者) 9.2%

・600万円以上の方 (高所得者)5.6%

という結果とのこと。

なぜなんでしょうね?

「ストレス」が原因なのでしょうか?

中所得者のも喫煙が多い気もいますが…(笑)

私も大学生時代にカッコつけて吸っていましたが、

今はまったくですね…

興味深いデータでした!

それでは、





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]