「宝くじ」が当たる確率って雷に打たれる確率と同じ?

もしも…

どうも。

もうお正月が終わり1か月が経過しましたね…

今更な話題ですが、皆様は「宝くじ」は買いましたか?

私は今年は買うのは忘れましたが…(笑)

よく当たる確率はこれだ!というのを見たりするので

実際に調べてみました!

「宝くじ」が当たる確率って雷に打たれる確率と同じ?

宝くじ 画像

当たる確率をみて落ち込んでしまう前にまずは宝くじの概要を!

ちなみに国民の70%が購入したことがあるそうです。

まずご存じ宝くじについて

今回は普通の宝くじで一番有名な「ジャンボ宝くじ」です!

もうご存知かと思いますが、

宝くじの券には「組」と「番号」が記されています。

発表された当選番号と一致すれば「当たり!!!」です。

この宝くじが販売されている期間と名前として

・グリーンジャンボ            (2月~3月)※発売抽選期間

・ドリームジャンボ            (5月~6月 ※発売抽選期間

・サマージャンボ          (7月~8月)※発売抽選期間

・オータムジャンボ   (9月~10月)※発売抽選期間

・年末ジャンボ       (11月~12月)※発売抽選期間

ですね。年末、サマーはCMの宣伝もあり一種のイベントみたいに

なっていますね!

また1口 300円から購入できるというのもいいですね。

当選金額は…

※平成26年度・第669回全国自治宝くじ(年末ジャンボの場合)によると…

1等…5億円 !!!!!!!!!!!

1等の前後賞         1億円!!!!!

また1等以外でも

1等の組違い賞   10万円

2等                2000万円             

2等                2000万円             

3等                100万円 

4等                5万円     

5等                3000円  

6等                300円

とのこと!

4等でいいから当たればな…

ではそろそろ確率を…

宝くじの確率

色々調べてみると、

宝くじの1等が当選する確率は「1000万分の1」らしいです。

細かくいうと

このジャンボ宝くじは、100,000番から199,999番までの10万通りを1組としています。

さらに01組から100組までを1ユニットとして販売されています。

なので10万通り×100組で、1,000万通りあることになりますね。

1等はこの中に必ず1枚存在します!

ということで1,000万分の1で当選!ということになりますね。

正直数字を見ただけではイメージがピンを来ません(笑)

「1000万分の1」ってイメージできる確率を調べたところ

画像 雷 投資

「雷に打たれる確率約1000万分の1」

にたどり着きました(笑)

他にもユニークな確率として

「99.7%の成功率をもつゴルゴ13から、

3回命を狙われても、まだ生きている確率」

「あっちむいてホイで50連続勝利」

などありました!

これが確実にあっているかどうかわかりませんが、

要は、1等が当たるのは奇跡中の奇跡ということですね…。

この確率だったら3000円を投資信託などに回した方が

ながーーーい目で見たときは良いのかもしれませんね。

買って当たるかどうかのワクワク感を楽しむのも悪くないですが!

そんなこんなで今日は





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]