「サムライ国とハリウッド大国」お金の考え方の違い!

最近はどこにいっても…

最近はすっかりどこにいって外国の方が増えたなーって感じます。

こないだ箱根にいったのですが、そこでもバスの中はほどんだ外国の方でしたね!

訪日客が多いのは嬉しいことですねー。

日本が観光として選ばれていることが凄い!むしろ何回も来られている外国の方には

日本人より、詳しかったりしますからね!あっぱれ(笑)

もっと自国のことを知らないとなーと感じる日でした!

そんなことはさておき、今回は日本人とアメリカ人のお金の考え方

について調べました!

まあ訪日の方をみてふと思ったので書きます(笑)

「サムライ国とハリウッド大国」お金の考え方の違い

日本人 お金 投資家

タイトルはちょっと意味不明でしたが、

「日本人とアメリカ人」のお金に対する考え方を比較しようかと思います。

なにかとアメリカと日本は比較されますね。

習慣が違う!

アメリカ 投資 考え方

習慣というのはなかなか変えることはできませんよね。

どうやらその習慣の違いで考え方が変わってくるとか。

お小遣いの貰い方

子供の時のお小遣いの貰い方がそもそも違うらしいです。

日本では「親からお小遣い」が貰えるというのが一般的かと思います。

がアメリカでは「何かお手伝い、仕事をしたらその報酬でと貰う」

というのは一般的な習慣なんだとか。

日本だと何もしなくてもお小遣いが貰えるのと、アメリカでは対価としてお小遣いが貰える。

もちろん何もしないでお金がもらえることは理想ですが、

それが体にしみこんでしまうとダメなんでしょうねー。

働くのだるいなーとりりやすいんでしょうね。

まず子供の時の習慣,からお金に対する考え方が変わっているそうです。

教育の仕方が違う?!

また「教育」部分で大きく異なっているという!

日本ではそもそも「お金に対する教育」がほとんどないので、

社会にふっとでると「会社に勤めてお金を得る」という人が多いのではないでしょうか?

例えば話

「子供が車が欲しいと親に相談してきた」としたら、

日本であればたいてい

「そんな買えるお金なんてない!」「自分でバイトして買え!」

「馬鹿なことをいうな」などが多いかと思います。

それを聞いた子供はショックを受けるか、こつこつ自分で働いて買うか

となるでしょう。

一方アメリカでは

「買うことはできない。だが10万円貸してあげるから自分で買ってみなと」

となる人もいるそうです。

これを聞いたら「どうやって買うか?」と考えますよね。

その10万円をきっかけにお金を増やそうと考えるわけです。

これが一つのビジネスのきかっけや、考える力になるようですね。

自分の考え、行動次第でお金は得られるという考えを持つわけですね。

一言

こう調べてみると日本人はどうしてもお金にマイナスなイメージがあり

硬くなってしまっていますね。

そういう頭でいると投資でもきっとマイナスに働きそうですね…。

そんな日本人とアメリカ人のお金に対する考え方を比較しました!





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]