個人投資家の年齢層って?

個人投資家の年齢層って?

個人投資家の年齢層って?

個人投資家の年収というのはこの20代投資ブログでも書きましたが

個人投資家の年齢層は深く調べませんでした!

今回最新のデータが日本証券業協会の意識調査でデータが出てきたようです!

名目は「個人投資家の証券投資に関する意識調査」というもの。

さっそくデータを拝借させて頂きます。

60代以上が全体の56%に

実際のデータは以下のようになったようです。

■個人投資家の年齢層

〇70歳以上   28%

〇50代     20%

〇40代     16%

〇65歳~69歳  15%

〇60歳~64歳  13%

〇20代~30代  8%

やはり思っていた通りのデータでした。

60代以上の投資家が半分以上いるというデータになりましたね。

なんと驚きが一番多い層で70歳以上のが28%という数字です。

やはり退職金などでお金を余っているのでしょうか。

20代のみの正確な数値はわかりませんが20代~30代は8%と

とても低い数値となっています。残念ですね。

どのくらい保有しているのか?

こんなデータもとっていました。

個人投資家の保有額(株式・投資信託・公社債、時価)ですね。

「100~300万円未満」 25%

「500~1,000万円未満」 15%

「1,000~3,000万円未満」 15%

「300~500万円未満」 13%

となっているようです。1,000万円未満が75%という数値になっています。

思ったい以上の保有していない印象を受けました。

データによるぞ前年から株式の保有率はちょっとあがったようです。

またNISA口座の影響で少し増えているようですが。

20代負けてられませんね!頑張りましょう!

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]