株式投資格言「辛抱する木に金がなる」

株式投資格言「辛抱する木に金がなる」

株式投資格言「辛抱する木に金がなる」

本日は株式投資格言から投資について学んでいきましょう。

今回は「辛抱する木に金がなる」という言葉。

その意味とは。

これをわかりやすくいうと

「どんなことでも、忍耐強く我慢し、コツコツと励めば、やがて成功して財産がもてる」

という意味です。

中長期相場における辛抱、忍耐の大切さを説いた株式投資格言の一つです。
株式相場において一直線に上昇するものはありません。

小さな上下動を繰り返し、やがて右肩上がりになるものです。

その右肩上がりになる過程で、途中で下押しする相場もきっと何度もあるかと

思います。この時が投資家として精神的に一番つらい時です。
再度上昇する!なんて保障は投資にはありません。

しかしこういった相場にこそ我慢したその先に大きな利益があるということを

いっています。

※自分のルールをやぶって辛抱強く待つ必要はないかと思いますが。

「売り」をする場合には、「決断の早さ」「思い切り」も重要ですが、

「辛抱、忍耐」もとても大切です。

辛抱という気持ちを心に強く持ち、毎日の投資を大切に行えば、やがて財産が大きくなる

ということですね。

投資は辛抱!

20代投資家 投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]