為替手数料の仕組み

為替手数料の仕組み

為替手数料の仕組み

外国に投資するときに発生する「手数料」

どの投資をするのにも手数料は必ずかかってきますが

その中の1つ「為替」にも手数料がかかります。

外貨預金や外貨建てを利用するときに覚えておきたいのがこの

「為替手数料」なのです。

ここで為替手数料の仕組みを覚えておきましょう。

為替手数料とは、簡単にいうと「円」を「ドルやユーロ」など外国の通貨に交換する際に

金融機関に支払う手数料のことを言います。

海外旅行の時に外貨を両替する時にも手数料は取られています。

円預金は、普通は手数料はかかりませんね。

同じ預金ですが、外貨建ての場合は、交換するための外貨を調達!専用のシステムや

人員を配置!為替レートに対応!など通常の円預金とは別に

費用が掛かっているかたという事情らしいです。

正直ここの手数料は金融機関によってバラバラではあります。

インターネットを利用することで経費がかからない銀行があれば、

経費をかけてface to faceを大切にしてサービスを提供する銀行もあります。

ここは様々です。

だいたいは、「1ドルにつき○円」などと決められています。

米ドルの外貨預金の場合、「ドル⇒円」に「円⇒ドル」に交換するときに、

それぞれ1ドルにつき1円の手数料が課される例が多いようです。

違う国のお金に換える時には手数料がかかるという事ですね。

当たり前のようですが意外と忘れがちになります。

20代投資、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]