株式投資格言シリーズ「石が浮かんで、木の葉が沈む」

株式投資格言シリーズ「石が浮かんで、木の葉が沈む」

本日も株式投資の格言シリーズから投資マインドを学んでいきましょう!

今日は「石が浮かんで、木の葉が沈む」という格言。

「石が浮かんで、木の葉が沈む」

普通では考えられないような出来事が起きてしまう!という意味が込められています。

「石が浮かんで、木の葉が沈む。」そんなことはないだろう…と思っていたことが起きるということ。

株式市場ではそんなことは日常茶飯事です。

なんでそうなるの?!と思ったことがある方は多いのではないでしょうか…?

例えば、連続最高益を更新し続けている企業が売りに出されて安値つけてたり、債務超過とかで赤字まみれの会社の銘柄が高値をつけたりなんでことがあります。

「相場が間違っている」と思いたくなりますがそれはだめです。

実際起きているのですから間違いではなく真実となります。

株式市場は生き物です。どんなことでも起こります。

株式市場に絶対はなく、普通では普通では考えられないことが多く起こります。そこを柔軟な発想で対応してく力が株式投資での成功に必要ですね

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]