世界で有名な投資家

どうも。

世界で有名な投資家

世界で有名な投資家

世界で有名な投資家として名前が挙がるのが

「ウォーレン・バフェット」・「ジョージ・ソロス」・「ジム・ロジャース」の3人です。

ちなみに日本でも投資家はたくさんいて、「竹田和平」や「村上世彰」などがいます。

またテレビなどで優待をたくさん持っている「桐谷さん」こと桐谷広人さんも投資家です。

ウォーレン・バフェット

「ウォーレン・バフェット」は幼いころから商売に興味を持ち、

祖父からコーラを仕入れて利益を入れて販売したのは、有名は話です。

11歳で投資の世界に入りバフェットの投資の特徴は、

長期的に投資する事と自分のわかる事や興味のある会社に投資する手法を取っています。

現在では、バークシャ―・ハサウェイという投資持ち株会社で筆頭株主であり、

会長兼CEОとなっています。バフェットが株を買うとニュースになるほどの方で、

20代投資童貞の僕もファンです。

ジョージ・ソロス

「ジョージ・ソロス」は1930年ハンガリーに生まれ、

イギリスで青年期を過ごし金融以外の仕事していた時期があります。

その後金融業で、ニューヨークのウォール街に赴く事になります。

この時期がソロスの転機といってもよいでしょう。

1969年にジム・ロジャースとともにファンドを立ち上げていきます。

1992年にイギリス政府の為替介入に反対し、

イギリスの通貨ポンドを空売りし15億ドルもの利益を得ることになる。

そのため「イングランド銀行を潰した男」の異名を持つようになります。

ソロスが立ち上げたファンドは、世界最大の規模になりますが、浮き沈みが激しく、

インターネットバブル崩壊で約60億円も失ってしまいました。2011年投資を引退し、

慈善活動などに力を入れています。

ジム・ロジャース

「ジム・ロジャース」は1942年アメリカ生まれの投資家です。

投資の世界への入り口は大学時代のウォール街でのアルバイトです。

アルバイトの経験から投資に興味を持ち、奨学金にて株式投資を行う。

投資手法は、いろんな商品で利益を狙うやり方で、

長期投資から短期投資まで利益重視で行っていきます。

強気な発言で物議を醸し出す事が多いが批判も多いが、世界的に発言が注目される一人です。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]