国債とは?

どうも。

国債とは?

国債とは?

みなさんは国債と聞くとどんなイメージですか?

個人では買えないとか金融業者が稼ぐ為に買う物だとか思っていませんか?

国債とは簡単で、その国の債権を買うと思ってください。

もっと噛み砕くと、銀行の定期預金のようなものです。

多少意味あいは違いますが分かりやすくしてみました。

銀行にお金を預けると満期になると預金金利分の利子と預けていたお金が戻ってきますよね。

そのような事と一緒で、銀行ではなく、国にお金を預けるような事です。

満期になったら、利息と預け金を返してくれます。

利息の支払い方法も半年に1回指定の口座に振り込んでくれます。

より正確に言えば、個人の投資家が国にお金を貸すと言うことです。

ここでは日本国債の仕組みの説明をします。

国債とは基本的に「利付国債」と「割引国債」の2種類があります。

「利付国債」とは、満期が決まっていて利息も支払われます。

ほとんどの商品が元本割れしません。

「割引国債」とは、利子の支払いはありませんが、

満期に預けたお金以上が返金される可能性が高い商品です。

その差額が投資家の利益になります。

個人が投資できる主な国債は、「個人向け国債」です。

種類は「3年固定金利」「5年固定金利」「10年変動金利」の3種類です。

3年5年の金利は固定金利で販売時に金利が確定し、満期までその金利で行います。

10年変動金利は半年に1度金利見直しが入る事が特徴です。

金利は定期預金金利よりも若干の上乗せ程度の金利になり、

定期預金に預けるよりも良いでしょう。

個人向け国債の特徴は1万円からで証券会社や銀行でも購入できます。

また、条件にもよりますが、中途解約できます。購入する期間(年4回)ありますので、

銀行や証券会社などの案内や財務省のHPなどでも検索できます。

昨今では地震などの天災が続いていますので復興応援国債が発行されていて、

使用目的は復興に限られています。

20代投資家、投資初心者の方参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]