株式投資取引ができる時間帯

もう終盤…

どうも。

ゴールデンウェークももう終盤ですね。

10連休などとった人は海外旅行とかいってるんでしょうね!

うらやましすぎる!!!

こんな休みがあったら5月病になっちゃいますね…

頑張って気を引き締めていきます!

本日は株式投資の仕組みについてです。

株式投資取引ができる時間帯

株式投資 時間帯

この20代投資ブログでそういえばまだ株式投資の仕組みなどの

あまり書いてなかったなーとおもったので書きたいと思います。

基本的な株式投資の取引できる時間帯はいつなのか?

実際調べると直接株式投資の取引をできる時間帯は、

平日の朝9時から11時30分まで12時30分から15時までとなっています。

この朝9時から11時30分までのことを【前場】といい

12時30分から15時までのことを【後場】といいます。

以前までは、前場は「11時まで」となっていましたが、

2011年11月21日より取引時間の延長で「11時30分」までと変更になったそうです。
時間帯に東京証券取引所などの株式市場は開いています。

平日の上記時間以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みとなっていますので、

株式投資含めた、各取引はできません。

実際に取引ができる時間は、9時~15時となってますね。

株式投資を売買する注文自体は、ネット証券を使うことによってを使えば

24時間365日売買可能です。

月曜日の18時に株を買い注文をしたとします。

18時とは、取引所が閉まっていますね…。

なのでその買い注文は【翌日の朝9時】に回されます。

ということですね!

株式投資の売買をする際は覚えておいてください!

20代投資、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]