株価が上がる時の企業のメリット

株価が上がる時の企業のメリット

株価が上がる時の企業のメリット

企業は事業を行っているなかで、商品の仕入れや工場を新たに作ったり、自社にはないサービスがある企業を買収したりなどするときにやはり必要なのは「お金」です。

言い方を変えると「軍資金」ですね。

こうした資金はなるべく、内部で準備しようとしますが、

場合によっては内部で準備ができなケースが多くあります。

となってくるとやはり外部から集めるという方法をとります。

外部から集める方法としては、「金融機関から借りる」・

「株式を発行して投資家から借りる」という2つ通りがあります。

金融機関から借りた場合は利息と元本を併せていつかは返済しなければなりません。

その逆に株式を発行して投資家から資金を得た場合は返済する必要はありません。

株式を購入するということは

「株価の値上がり期待」「配当受け取り」「経営支配権」

などの権利が得られます。

株式を発行した会社が赤字になったりすると、配当がもらえなかったり

株価が下落するといったリスクに直面はします。

投資をした企業が倒産したら保有していた株式は「紙くず」となるのです。

では実際に株価が高いと企業にメリットはあるのか?

まず一つ言えることは企業イメージが高まるということ。

企業のイメージがいいと採用が強くなります。

優秀な人材、いい人が集まってきやすいといいます。

また株価が上がり出すと、長期投資と考える安定株主が増える可能性もあります。

場合によっては永久保持というのもあるかもしれません。

株主は持ち株を担保にお金を借りることもできるため株価が高ければ、価値があがることなので

信用を得やすくなります。

この際の担保価値が高まります。

株価が高いとM&Aの標的になりにくいというのもあります。

要は買収がしにくいということです。

株価が高い企業は自社株との交換方式をして、

魅力的な商品・市場を持っている企業に提携交渉を強く働きかけることも可能です。

従業員、役員のストック・オプション制度を導入している会社では、

株高によりモチベーションを高めることもできます。

ざっとこういった株価が上がる時の企業のメリットではないのでしょうか。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]