【必見!】IPOを当てるには?

【必見!】IPOを当てるには?

【必見!】IPOを当てるには?

IPOとは新規上場の事で上場企業の株を買うように、

欲しいから買い注文を出しても買えるものではありません。

基本的には抽選で買えるかどうかを決定します。

では、抽選を当選させるのは運しかありませんが、

少しでも当選確率を上げるにはどのようにすれば良いのか考えれば良いのです。

当選確率を上げる方法としては、

①主幹事証券会社から申し込む。

②ネット証券で申し込む。

③複数の証券会社から申し込む。

④家族や友人と一緒に申し込む。

⑤抽選配分が多い証券会社から申し込む。

が考えられます!

それぞれ細かく見ていきましょう!

①主幹事証券会社から申し込む、

主幹事から申し込むということは、

新規公開株は全証券会社が売り出し出来るわけでもなく、

複数の証券会社が売り出しを行います。

複数の証券会社でも、主幹事、副幹事、平幹事とそれぞれの役割があります。

なかでも、主幹事は、売り出し株数の80%以上を持っていますので、

主幹事の証券会社に口座を持ち、そこから申し込むとより当たりやすくなるようです。

②ネット証券で申し込む、

ネット証券から申し込むのは、大手証券会社や、対面営業を中心に行っている証券会社は

その営業マンの上得意様などが当たりやすくなりますが、

ネット証券では、資産に関係なく、平等な抽選方法を取っている事が多いので、

より当たりやすいと言えるようです。

③複数の証券会社から申し込む。

複数の証券会社から申し込むという事は、

お金持ちしか出来ないのではないかと思いますが、

実は資産の少ない方でも出来るのです。

複数の証券会社に口座を持たなければならない面倒臭さはありますが、

当てる為に仕方ないことです。

主幹事に口座が無い場合は、副幹事や平幹事などから申し込む事で抽選するカードを

増やすのです。この方式では、1つでも当たればラッキーですが、

資金はその都度各証券会社に入金してないと出来ないデメリットもあります。

④家族や友人と一緒に申し込む。

家族や友人と一緒に申し込むというのは、

簡単に言えば、名前を借りて行うと言うことです。

但し、当選した時の儲けなどを先に決めておかないともめ事になる可能性もありますので、

注意が必要ですが、②で説明した、複数の証券会社に口座を開く必要もなく、

家族や友人が株に興味を持ってきたら、そのまま使えると言うメリットがあるようです。

⑤抽選配分が多い証券会社から申し込む。

抽選配分が多い証券会社から申し込む事は、

①と同じ理論ではありますが、ネット証券では、主幹事になる可能性もありますが、

副幹事になる可能性も高い事があるようです。

となります。自分にあった方法を選び少しでも抽選の確率を高めるもの

いいと思います。参考にしてみてください。

一度でいいからIPO当ててみたいですねー!





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]