株式投資に向いている人とは

温かく

どうも20代「投資童貞」です。

すっかり温かくなりましたねー!

このポカポカした感じがいいです。

桜もちらっとどこかで咲いてそうですね!

花見も楽しみなイベントです!

って言っておきます(笑)

株式投資に向いている人とは

株式投資 向いている人

何事もの向き不向きというのはあるかと思います。

自分の中で「これ苦手だな…」と思ったのが案外得意になったりして

やってみないとわからない。というのが正直なところではありますが。

では「株式投資に向いている人」とはどんな人なのでしょうか?

私なりに考えます!

相手を考えるられる人

これは「相手を思いやる気持ち」みないなものです。

相手がどう思っているのか?何を考えているのかという発想がある人は

向いているのではないかなと思います。

なぜかというと、常に自分が軸ではないので今後どうなるかの発想が

しやすい頭になっているのかなと。

「相手がこのように考えているのならば自分はこう動こう」などの

発想が日常的にできているのかなと思うので、株でも

企業としてどのように考えているのか?という発想をしやすいと思うからです。

「自分がこう思ったからこうだ!」という発想の人はあまり向いてないかもしれません。

知ることが好きな人

情報を知っておくというのは何事にも重要で大切なことですが

株式投資においてはより「情報が大切」となります。

情報収集がめんどくさいと思ってしまう人は不向きでしょう。

特に興味関心のアンテナを常に張っている人ほど向いているかもしれません。

業種業態関係なく、幅広く知識を得ることでそれが投資にもつながってくる可能性が

高いと思います。

こちらはあくまで私の意見ですが。

特に周りで投資を行ってる人、特に楽しんでる人には

上記の傾向があるかなーと思います!

参考までに

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]