PER(株価収益率)の使い方と考え方

PER(株価収益率)の使い方と考え方

PER(株価収益率)の使い方と考え方

投資を勉強し始めるとよく出てくるキーワード「PER」です。

このPERを調査しました。

まず、PERとは何かと説明します。日本語では株価収益率と表し、

計算する時の株価を1株当たりの当期純利益で割った商がPERとなります。

または、時価総額から純利益で割った数値も同意味になります。

このPERで何が分かるかというと、その企業の株価がどの程度安いか高いかがわかります。

安いか高いかを比較するには、その同業種で比較するのが一番良いです。

当期の純利益がどのくらいの年数で現在の時価総額に到達するかの指数ですので

数値が低いと低いだけ割安感が出ています。

例えば、PERが5倍の企業があれば、このままの純利益が5年間続けば、

5年後に現在の時価総額に行くということになります。

日経平均のPERは14倍~18倍といわれていますので、

その業種のPERが低いか高いかをチャックする必要があります。

低い業種からさらにそこから、低い企業を探すことにより割安企業が見つかります。

しかしながら、そのような企業が割安だからといって株価が上昇するとは限らないので

注意が必要です。

PERが低い企業の特徴としては、今後の業績が期待できないなど、

今後の動向が織り込まれているため低くなる事があります。

その他にも配当や株主優待などに消極的に財務環境があまり良くないので注意が必要です。

PERが高い企業の特徴は、今後の好業績が予想される企業や、

投資家の人気が高い企業には高くなります。

しかしながら、過熱気味になり、株価が下落する可能性もありますので

投資する時には気をつけなければいけません。

考え方としては、初心者の時は、とりあえずPERの数値を求めて、

10倍~15倍程度の企業を検索し、その企業の研究を始めると良いでしょう。

また、同業種のPERを基準に同数位の企業に投資する事をお勧めします。

急激に上昇する事もないですが、下落リスクもカバー出来ます。

投資に慣れてきたら低PERの企業に投資チャレンジするもの面白いと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]