特定口座と一般口座の違いとは?

特定口座と一般口座の違いとは?

特定口座と一般口座の違いとは?

証券会社に口座を開くときに迷うのが、特定口座と一般口座どうちらにしようかという

事だと思いますが、簡単にいうと確定申告の時に自分でやるか、

勝手にしてもらうかということです。

特定口座には2種類のあり、口座利用者自身が選ぶことが出来ます。

「源泉徴収ありの特定口座」と「源泉徴収なしの特定口座」です。

源泉徴収ありを選択すると利益が出たでも確定申告する必要が無くサラリーマンなどには

とても便利な制度です。また、主婦や学生の方で扶養に入っている方は、

いくら利益が出ても扶養から外れる事がないので安心して稼げます。

では、利益が出た時に税金は、利益が確定した時に証券会社が、

差し引いて利益分を口座に入金してくれます。

デメリットとしては、利益が発生した瞬間に税金が徴収されるので、損失が出た時に、

損益合算がやりづらくなります。

源泉徴収なしの場合は、一般口座とほとんど変わりませんが、

年間利益が20万円以下の場合は、確定申告も不要で税金も払わなくて良いのです。

源泉徴収ありと源泉徴収なしの最大の違いは、

確定申告を自分で行うかしてもらうかの違いです。

また、両方とも年間の取引報告書が証券会社から送付されますのでそれで

確定申告すれば良いのです。

一般口座は、源泉徴収なしの特定口座と利用する部分ではさほど差が無いのですが、

税金関連で違いがあります。年間20万円以下でしたら確定申告しないで良いので、

年間20万円を限度に稼ごうとする方や前年などに株式投資で損失があれば

損失の繰越控除が出来ますのでキッチリ税金を計算したい方はオススメです。

利益が20万円以上になった場合などは、自分で確定申告しなくてはなりません。

しかも、証券会社から、年間取引報告書が送付されませんので、

確定申告する年の1年間の取引履歴を自分で作成しなくてはなりませんので、

そのような事が面倒くさいと思う方はお勧めしません。

株式投資を本業に行う方や自営業の方にお勧めは口座です。

20代投資家、投資初心者

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]