バイオ関連銘柄とは

どうも。

今日は投資初心者はもっとも悩むべき「銘柄選び」についてです。

今後いろいろと銘柄についてダラダラ書いていきたいと思います。

今回は「バイオ」関連銘柄です。

バイオ関連銘柄とは

バイオ関連銘柄とは

いざ投資をしようとした際にやはり「銘柄選び」は迷いますよねー。

そんな中ネットで調べるとちょこちょこ出てくる「バイオ」という言葉。

今回はそんな「バイオ関連とは」について調べていきます!

バイオとは「バイオテクノロジー」の略です。

生物学を意味する「バイオロジー」と技術を意味するテクノロジーを

合わせた造語でもあります。

そのバイオテクノロジーで生物の持っている働きを人々の暮らしに役立てる技術

のことをいうそうです。

簡単にいうとそういったことを行っている上場企業のことを「バイオ関連銘柄」

と呼んでいるそうです。

どうやらこの「バイオ関連銘柄」は化ける可能性があり、

投資家が一目置いているものでもあるようです。

いろいろと実験などを行い新薬を開発しているので

株価の動きが激しいようです。

投資初心者、20代投資家には注意が必要かもしれません。

どんな銘柄があるのか?

ここからは個人的に気になったバイオ関連銘柄を見ていきます。

まず、ユーグレナ(2931)という会社

というのもこちらの本を読んだというのもあります。

「僕はミドリムシで世界を救うことを決めました。」という本です。

感動しました!

こちらの企業はミドリムシを活用した機能性食品や化粧品を販売している企業です。

バイオジェット燃料の研究開発も手掛けているようです。

なんと約30億円をかけてバイオジェット燃料実証プラントを横浜に建設してるとのこと。

今後のユーグレナさんに期待です!!

他はいろいろあってよくわかりませんが…。

小野薬品工業(4528)が協和発酵キリン(4151)が有名だそうです。

個人的に期待して投資をするのが良さそうですね。

新薬の開発で人の暮らしや人生がよくなるって素敵です。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]