注意したい指標!出来高って?

注意したい指標!出来高って?

株式投資を行う上でみなければいけない指標は山ほどあるかと

思います。ですが、投資初心者にはすべて指標をチェックするのは

至難の業です。ここで最低でもチェックしたほうがいいといわれているのが

「出来高」です。さてなぜでしょうか?

出来高とは?

出来高とは株式の売買が成立した株数のことを指しています。

株式の人気度を出来高でチェックすることができます。

出来高が多ければ多いほど、取引が活発であると考えられます!

なので自分が投資を投資を考えている銘柄の出来高をチェックすることで

人気なのかどうかを見ることができます。

一般的に人気の高い銘柄は出来高ベースで見た場合、

東証1部にある銘柄が多いです。

ちなみによく出来高の上位来るものは

8411      みずほフィナンシャルグループ

6753      シャープ

8515      アイフル

が多いです。

東証1部の銘柄が出来高ベースだと多いですが、それ以外に

今まで聞いたことがなかった銘柄が出来高急増でランクインすることが

あります。

それはだいたい

①会社の業績が前年よりも良かった

②会社の不正や業績悪化が明らかに

③思惑

④仕手株

などが考えられます。

なぜ出来高が急増しているのかを考え情報を収集しなければいけませんね。

なので投資をする際には出来高をチェックして他の銘柄と比較して

人気度を見てみるといいかと思います。

出来高は今後の相場の動きを掴むのに重要な指標です

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]