株式市場の参加者ってどういった人がいるのか?

株式市場の参加者

株式市場はいろんな人が毎日売買を行い、株式市場が動いています。

世界の株式市場の中で、日本の株式市場には、国内外の様々な投資家が参加しています。

株式投資を行う上で、参加者についてよく知っておくことが必要です。

いわばそれぞれがライバルになります。

果たして株式市場の参加参加者とは誰がいるのでしょうか?

株式市場は大きく分けて三者ある。

株式の取引は大きく分けて3つに分かれています。

「個人投資家」「機関投資家」「外国人投資家」の三者です。

この三者のやり取りが株価の変動に影響を与えています。

個人投資家も立派な株式市場の参加者です。

この三者、それぞれの特徴が違います。

個人投資家

「個人投資家」というのは、もうわかりますね。

一般的な投資家のことを指します。20代も30代も40代も同じ個人投資家です。

株式投資の初級者からセミプロまで様々な人がいます。すべて同じくくりとなります。

個人投資家ではあるので売買単位が小さいです。

なので株価に与える影響は他の二者に比べると小さくなります。

通常、資金的にも限界があるので「現物取引」がほとんどでしょう。

または証券会社から資金や株券を借りて「信用取引」を行うこと人もいるでしょう。

「機関投資家」に比べて決算期やノルマがないために自由に売買できるというのが良さ。

ですが情報面での不利な部分もあります。

機関投資家

「機関投資家」というのは、国内にあるプロの投資機関です。

主に金融機関・保険会社・一般企業の投資部・投資信託会社などをいいます。

まとまった大きなお金を動かしているので売買単位が非常に大きいです。

結果株価に与える影響はかなり大きいです。

国内機関投資家には、証券会社・銀行・生保・損保・投資信託・事業法人などがあります。

個人投資家と違い決算期や会社の方針など制約を受けているためにちょっと特殊です。

それぞれの機関投資家によって投資スタイルも異なるようです。

「生命保険、損害保険」の機関投資家であれば長期投資を中心に行うようです。

銀行は短期でも狙っていくようですが。

外国人投資家

「外国人投資家」というのは、その名のとおり国境を越えた外国人の投資家のことです。

外国人投資家は国外の資金を使って日本株を購入します。

海外の為、為替が関わってくるので、円高になると株が売却される傾向にあります。

外国人投資家は、外国の機関投資家とも言われていますので、

売買単位が大きいです。結果株価に大きく影響を与えます。

株主欄をみると外国の機関投資家が占めているパターンは多く見られます。

外国機関投資家も日本と同じようのに様々あります。

年金機構・投資銀行・投信・証券会社他など様々な参加者が株式市場にいます。

外国機関投資家はグローバル株式投資の一環で日本株を購入しています。

日本全体が低迷をしている傾向にあるといち早く日本株を売却します。

特に最近は外国人投資家の動きにより株価が影響される傾向があります。

機関投資家、外国人投資家に比べると個人投資家は影響力はとても小さいです。

機関投資家、外国人投資家のこの二者の売買が最も影響を及ぼします。

なのでこの二者動向を注意してみるというのも一つの方法です。

ニュースではよくでてくるキーワードなのでチェックしやすいでしょう。

株式投資を行っている人々には、強敵が多いです。

強敵が株式市場には参加しています。

個人投資家として、損をしすぎないように、頑張らないといけません。

情報収集をしっかり行い、自分なりの根拠を持ち企業の変化を知り

投資をすることが大事になります。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]