「テーマ株」から投資先を選ぶ。

「テーマ株」から投資先を選ぶ。

銘柄を選ぶ手段として「テーマ株」というものがあります。

投資に興味を持たれている方なら聞いたことあることばだと思います。

テーマ株とは、今話題になっているもの、事柄に関連する銘柄という意味で、

今では…「IOT」や「AI」などの話題になってるテーマにより、株価が大きく動く可能性があるものを

テーマ株といいます。

ここ最近いわれている「東京オリンピック」もテーマによる関連銘柄もテーマ株になります。

テーマ株の中でも大きく分けて2種類あります。

①長期的に影響がでるであろう銘柄

②情報がある程度流れたら終了銘柄

例えばちょっと前のテーマ株には、「アベノミクス」関連で民主党政権から、

自民党政権へ変わることを予想し、

その影響で公共工事増加、円安を予測し先回りして投資をして利益を出した人もいます。

これは①のテーマ株といえるでしょう。

どうやってテーマ株を探すのか。

「アベノミクス」などは大きなテーマとされています。

日頃、新聞・雑誌・テレビニュース・ネットニュースなどをチェックしていれば自然と「テーマ」が

見てくると思います。「話題」になっているものですから目につくでしょう。

特にテーマ株はアンテナを張っている人も多いのでなるべく早く投資をするのがいいです。

考え方として「話題」になっている事柄から今後どうなっていくのか。その影響はどういったところに

でてくるのかを予測する必要があります。

「情報から推測する力」です。この能力が「テーマ株」を探すのには必要です。

あるテーマから予測をする練習をしましょう。

日頃のチェックしている情報から予測する癖をつけるといいと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]