投資の効率(利回り)について

投資の効率(利回り)について

投資のスタイルは様々あります。

大きく分けるとまず、短期投資・中期投資・長期投資とあるかと思います。

それぞれ見る指標が違ったり投資の投資のスタイルも変わります。

またその分利益も違ったり、メリット、デメリット御座います。

今回はそれぞれ短期投資・中期投資・長期投資の一般的な効率(年利)を調べます!

効率を知る。

知っているのと知らないとではまったくメンタル的にも技術的も変わってきます。

ここでは短期投資・中期投資・長期投資それぞれの一般的な効率(年利)を見ていきましょう!

あくまで一般的な指標ではありますが…

<投資で稼げるお金の目安の例>

 

通常の銀行預金⇒年利0.02%

 

長期投資⇒年利7%以上(例:投信や海外ETFを利用した投資)

 

中期投資⇒年利15%以上(個別に株を購入)

 

短期投資⇒年利100%以上(デイトレード、先物・FXの証拠金取引でレバレッジをかける)

と言われております。

銀行の金利が低すぎるのがわかりますね。

「投資」にしても期間ややり方によってほんとに様々です。

ですが投資で焦りは禁物なので短期で一気に利益を稼ごうとするときっと痛い目にあいます。

なので投資初心者は長期投資を基本として、まずは始めるのがベストだと思います。

長期投資は特に知識がなくて忙しくても、できるものではあるので、そこから経験を積むことが

大切だと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]