株式投資に関するあるある3選

ランニング… 

どうも。

あまりにも運動をしていなかったので、先日ランニングをしました。

ちょっと走っただけなのに…やばい筋肉痛(笑)

つくづく運動しなきゃなと思いました…!

今日はあるある~と言います。

株式投資に関するあるある3選

20代 株式投資 あるある

株式投資あるあるです。

マイナス金利やらなんやらで「貯蓄から投資」と言われています。

またちょっと前まではアベノミクスの影響で日経平均株価の上昇しさらに

NISA (少額投資非課税制度) が始まりました。投資の環境は徐々に変化してきていて

投資初心者の方はチャンスかなと思います。

そんな株式投資でのあるあるを3つ選んで書きたいかなと思います。

これから年度末に向けては、3月末で株主権利が確定することもあり、株式への投資にも関心が高まる時期。そこで、株式投資に関する「あるある」をまとめてみました!

株価の依存症

特に一番最初に投資をしたときなんかこれにあたる。

最初に売買する銘柄に変に愛着がわいてしまうもの。

最近はスマホでも株価チェックができるため、

仕事中でも四六時中株価のチェックしてしまう…。

ちょっとした動きが気になってしまいがち。

上昇しても下落しても何度もチェックしてしまいます。

株価が上昇すると、そのうれしさから何度もチェックしたくなる。

そしてチェックしすぎて仕事に影響がでてしまう…。

これは特に投資初心者あるあるですね。

投資情報を鵜呑み

投資において情報はいのち。

現代は情報過多なので、あちらこちらから情報が入ってきてしまいます。

特に初心者だとわからないため情報にすがりたくなります。

「この業界がきてる」「儲かる」「今買い時」などの情報に流されいざ投資

してみると……ダメだった。という話はあるあるです。

盛り上がっているときはすでにピークの時が多いです。

投資情報を鵜呑みにするのではなく、1歩引いて客観的に判断してみると

いいかもしれません。

ビギナーズラック

これも投資初心者ではあるあるではないでしょうか?

ちょっと前まではアベノミクス日経平均が大幅に上昇。

特定の業界だけでなく、幅広い銘柄で株価が上昇したので、利益を得た投資家も多かったようです。

特に時事ネタの影響で思わぬ自分の保有している株価が上昇して利益を得たという

ケースも多いです。そういう時ってあまり要因を追及しなかったりしますね。

または「自分天才?」と思う人もいるかもしれません。

もちろん長いこと続きませんが……

投資初心者、20代投資家の方は参考にしてみてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]