株式投資の信用取引とは

どうも。

株式投資の信用取引とは

株式投資の信用取引とは

よく耳にする信用取引という言葉。これは株式投資で出てくるキーワードです。

株式投資って手元に現金が無いと買えないと思っている人多いと思いますが、

そうでもないです。ハイリスク・ハイリターンですができます。

銀行などで株式を買うからお金を貸して下さいと言ってもほぼ100%無理だと思いますが、

証券会社では、貸すと言う言い方は多少意味合いが違いますが、貸してくれます。

限度はありますが、基本的には、30万円以上預け入れすれば約3倍の取引が出来ます。

ほとんどの証券会社で行う事が出来ますのでこれから証券口座を作る人でしたら、

作る時に相談しておいた方が良いです。

その場で信用取引をやることはオススメしません。

なぜなら、株の世界は奥が深く、初心者でも勝つことが出来ますが、

それは運であって実力ではないです。

信用取引をやる以上は勝った時の喜びを考えると同時に負けた時の対処の

仕方まで考えなければなりません。

信用取引の主な特徴です。

「売り」から始められる。

売りから入ることは、現物取引の場合は出来ませんが、信用取引では可能です。

売りから入ることで、相場が下がっているときでも儲けられます。

「返済期限」がある。

お金を借りている以上は返済をしなくてはなりません。

返済期限はだいたい6カ月以内に行わなければなりません。

株価が投資家の思惑通りに行って儲かっている場合は、株を売買して返済すれば良いのですが、思惑と違って儲かっていない場合は、

猶予はしてくれませんので自腹で返すしかありませんので注意が必要です。

「諸経費」がある。

諸経費とは、一般的に取引手数料・金利・貸株料・品貸料・その他の経費がかかります。

取引手数料は現物取引と同じで、売買した時にかかる手数料です。

金利とは、信用買いした時に投資家の現金では足らない部分を証券会社が出してくれる為の

手数料みたいなものです。貸株料と品貸料の意味合いは同じで、

信用売りした時にかかる経費になります。

その他の経費は口座の管理や名義書き換え料などがあります。

「保証金」がある。

保証金とは初めに預けるお金の他に負けが多くなってきた時に追加で

保証金を入れなければなりません。追証といいます。

というのが株式投資での信用取引の特徴とも言えるでしょう。

20代投資家、投資初心者の方参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]