株式投資の注文の種類

どうも。

株式投資の注文の種類

株式投資の注文の種類

株を知らない方、投資初心者の方は、株式投資の注文ですと企業の株価×株数で

買うと思いますが、実際には、いろんな注文の種類があります。

ここで株式投資の注文の種類をみていきましょう!

色々調べてみました!

初めて行う時には、成行(なりゆき)注文がベストです。

成行注文とは、現在の株価が100円だとしたら、100円で買うという事です。

一番簡単で一番取引が成立しやすい方法です。

もちろん、株式を売る時にも成行注文が出来ますし成立もしやすいです。

企業の好業績や不祥事などで株価が乱高下する時には便利な取引です。

次に指値(さしね)注文という方法がなります。

指値注文は、A社の株価が現在100円とします。

しかし、株価が変動しない会社なんてほとんどありませんから、株価が上下します。

そこで、株価が少し下がった後に、また上がる予想が出来た場合は、

指値注文をした方が良いです。

例えば、A社の株価が朝では、100円ですが、昼に90円になり夕方110円と予想が

あったとします。みなさんは100円で買って昼間に下がったからヤバいと思う時があり

、夕方に110円になってラッキーと一喜一憂して疲れてしまいます。

初心者ではよくある傾向ですが・・・。そこで指値注文があるのです。

昼に一旦下がる予想がつけば、朝の段階で、指値注文90円を申し込んでおけば90円に

なった時に、買ってくれます。そうしたら成行注文では10円しか儲からなかったのが

20円儲かることにもなりますし、一時的に負けていて精神的に嫌な思いをしなくて済みます。

デメリットとしては、成行と違い、90円にならなければ取引が成立しないと言う事です。

基本的な株式注文は、成行注文と指値注文になります。

その他の注文方法もいくつかありますが、ここでは名前だけ覚えておいてください。

株式投資をやっていくうえでは、便利で時間的効率もよい注文方法ですので、

将来的には使えます。

ОCО注文・IFD注文、連続注文、IОC注文、ОCО注文+IFD注文、SОR注文

あります。成行や指値が理解できて来たら、ОCО注文・IFD注文の注文を

オススメします。

20代投資家、投資初心者の方参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]