大型割安株の特徴

大型割安株の特徴

株式投資のやり方には様々ありますが、

大きくタイプ別をすると2つに分かれるかなと思います。

「長期投資」と「短期投資」とくに投資という観点で考えると「長期投資」が一番理想です。

その「長期投資」というものをさらに細かく分けていくと

「成長株投資」と「割安株投資」に分かれるかと思います。

「成長株投資」とはその名の通り、企業の成長力に着目した投資。

「割安株投資」とは企業価値に比べ株価が割安に放置されていること企業への投資

というものになります。

その中にも特に長期化するのが割安株の中でも

「大型割安株投資」というのは辛抱が必要とも言われています。

購入しても思った以上に株価は上がりません。

また次々と成長テーマが出ていますが、消える展開というのが続いています。

今ニュースにすぐてでくるITO関連、AI関連、フィンテック関連、バイオ関連、民泊関連、ロボット関連、など一つニュースが出るたびに急上昇しては急落下していたりします。

これは成長株ではありますが、なかなか大型割安株と判断ができないものではあります。

割安株と呼ばれるものには大きく分けると3業種が多い傾向があるのようです。

大きく分けると金融株・輸出株・資源関連株の3つのようです。

企業を分析する上で3つの業種内に含まれていたら「大型割安株」と判断をしても

いいかもしれません。

あくまで仮説なのでいち情報として受け流してもらって構いません。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]