エンジェル投資家とは?‐20代投資家

エンジェル投資家とは?‐20代投資家

投資の世界では「エンジェル投資家」と呼ばれる人達がいます。

いったいエンジェル投資家とはどういった意味なのでしょうか?

エンジェル投資家ってなに?

エンジェル投資家とは、いったいなんなのでしょうか?

エンジェル投資家とは起業(スタートアップ)を目指す人の資金面を助ける個人投資家の事を

いうようです。

起業するとなると通常、資金調達の面で誰もが苦労をします。

なかなかスタートアップの時は実績もないので銀行等から十分に融資をうけることが難しいで

す。こうした時に個人投資家に融資をしてもらう手段というのがあります。

これに対して融資をするのが一般的に「エンジェル投資家」と言われています。

ただ資金面の支援をするだけではなく、今のエンジェル投資家と言われる人たちは、起業家

「人脈」を生かして支援もしてくれます。

ビジネス面でのバックアップ、精神的サポートなど十分にサポートしてくれるようです。

どのくらいの資金か?

エンジェル投資家はどのくらいの資金を支援するのでしょうか?

もちらん投資家によって変わってきますが、500万円〜2,000万円といった少額融資が大半を

占めているようです。

日本では最近やっとエンジェル投資家による資金調達が増えてきているようでしたが、

海外ではエンジェル投資家による資金調達がメジャーの方法となっています。

エンジェル投資家の傾向として元起業家、実業家などが大半です。

個人投資家で株や不動産で資産を増やした人というよりも、事業を行いいろいろな経験をした

人が資金面と経営の部分のサポートをするというのが多いいようです。

エンジェル投資家は出資をする代わりに、支援した会社の株を取得します。

起業家の事業が上手く行けば、大きな利益が得られます。それはエンジェル投資家も同じで

す。スタートアップは、新規事業を軌道に乗せること

は難しく、エンジェル投資は「失敗するリスク」を覚悟の上で支援しています。

なのでただ出資するものではなく、出資をする前に事業や起業家の人柄をよくみています。

今多いのはIT分野ではないのでしょうか。

アメリカでは「エンジェルリスト」というものがあり、エンジェル投資家があつまるプラット

フォームが作られているようです。

個人投資家として資産運用で増やすのではなく、こういった自分ではできないビジネスを行う

人に支援することも立派な投資ですね。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]