インベスターZから学ぶ投資格言「決断とは切って離すこと」

インベスターZから学ぶ投資格言「決断とは切って離すこと」

本日も投資漫画インベスターZから投資格言を学んでいきましょう!

「決断とは切って離すこと」という言葉。

投資部のキャプテンである神代がテニスでテニス部の選手に勝ちました。

主人公はまさか勝てるとは思っていません。

勝利した要因は何なのか。秘訣はいったい?

投資部キャプテンは秘訣を聞かれると、

「決断とは切って離すこと」

と言います。

また

「なにかを成し遂げるとき、成功をするときは、やらないことはやらない、

切って離すとはっきり決めたときだ」

スティーブジョブズの

「何をしてきかたと同じぐらい、何をしてこなかったかを誇りたい」

といった名言も説明をしています。

キャプテンが伝えたかったのは実は投資にも同じことが言えるということ。

投資の世界はリスクを極力抑えて、万全の準備で投資をすべきと言います。

ですが、投資の世界には様々な分析方法があり

ファンダメンタルズ分析、チャート分析などあります。

特に、チャート分析は数多くの分析方法があります。

そのすべての分析が同じ「買い」「売り」になるはずありません。

それを待っていたたら機会損失になるだけです。

投資の世界、勝負の世界は「何かを捨てて思い切って決断すること」も時には必要なのです。

なぜ捨てる決断をするのか。それは

細かい点ばかり気になってしまい、最も大切な部分を見逃す可能性がある

ということです。

投資にかかわる情報がごまんと世の中にはあります。

利益目的の情報ももちろん流れています。

偏った話に左右されないように、断捨離しながら情報を収集することも重要です。

なので投資家として決断して切って離すことは重要なことでしょう。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]