インベスターZから学ぶ投資格言「自分の中で絶対に価値のあるもの以外 お金を払うべきじゃない」

インベスターZから学ぶ投資格言「自分の中で絶対に価値のあるもの以外 お金を払うべきじゃない」

インベスターZから学ぶ投資格言「自分の中で絶対に価値のあるもの以外 お金を払うべきじゃない」

今回も人気投資漫画「インベスターZ」の格言から学んでいきましょう。

本日は「自分の中で絶対に価値のあるもの以外 お金を払うべきじゃない」という言葉です。

主人公中学生の財前君が言ってセリフ。

投資家として一流になりたいのなら

「自分の中で絶対に価値のあるもの以外 お金を払うべきじゃない」

という言葉。

高級時計をはじめブランド品は素材は最高で品質がいいことは間違いない。

ただほんとうにそれだけで金額が跳ね上がるのだろうか。

超一等地区に店を構え、有名芸能人に高額なギャラを払ったりなどをして宣伝している。
なので実際は購入した金額の半分以上は地代や有名人の広告費を払わされているということ。

これは割に合わないのではないだろうか。ということをいっています。

高いお金を払ってまでも買わなければいけないことなのだろうか。

「本質」のところをみることは投資家として重要なことです。

投資で得た利益で、価値がないものにお金を使い込んでは投資家として3流といっています。

「お金の使い道」これも投資家として価値のあるものだけに。

いいお金の使い方を目指しましょう!

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]