インベスターZから学ぶ投資格言「損得でものを考えろ」

インベスターZから学ぶ投資格言「損得でものを考えろ」

インベスターZから学ぶ投資格言「損得でものを考えろ」

この投資ブログでいくつか投資格言を書いてきました。

まだまだ投資格言はいろいろあります。

投資漫画で有名な「インベスターZ」から投資として

重要な言葉がたくさんでてきています。

その言葉を投資格言として日ごろの投資に生かしていきましょう!

今回は「損得でものを考えろ」という言葉。

物語の中で戦争中でも投資家達は投資をしていた。

という話の中で

「投資家ならば善悪ではなく……損得でものを考えろ」(財前龍五郎 credit.64より)

という言葉がでてきます。

投資家の思考として短期的に物事を考えてはだめ。

「戦争になったら兵隊として国の為に戦う」と短絡的に考えるだけでは投資家失格。と

この話では言っています。

同時に、戦争になったらこうすれば儲かる!とも考えるのがあるべき投資家の姿とも

いっています。

一般的な人であれば、善悪で物事を考えるが、投資家としては

世の中を揺るがすような出来事があった時、善悪を考えるのではなく

「損得」で考えろと。善悪では結論は出ない。

同時に儲けるためにも動けなければいけない。

いわば二重人格状態でいることが、優れた投資家の条件としています。

あくまで漫画の中での考え方かもしれませんが、投資家として考えるべきことは

「損か得か」これはとても本質をついている気がします。

このインベスターZではいろいろな名言がでてきていますので

紹介していきます。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]