「株主優待券調査」楽天 【4755】

本日は株主優待調査シリーズです。

「株主優待券調査」楽天 【4755】

「株主優待券調査」楽天 【4755】

本日の株主優待調査シリーズは楽天さんです。

楽天さんと言えば楽天市場や楽天ホールティングズをイメージする人も多いことでしょう。

1997年にの三木谷浩史が創業しております。

この三木谷さんも昔から注目されている起業家ですね。

創業当時の営業は三木谷さんが歩き回り営業し2日で1足、シューズをダメにしていた

らしいです…。努力が違いすぎます。圧倒的ですね。

事業に関しては様々行っているようです。

インターネットサービス、金融サービス、通信事業、プロ野球の運営など

多角化しております。

2015年12月期の通期決算では売上高は過去最高となっています。

ですが営業利益は2007年12月期以来、海外事業が厳しく減益となっています。

ただ「楽天市場」や「楽天トラベル」など国内EC事業の流通総額は、

2兆6748億円と言われています。

恐るべし……。

そんな楽天さんの優待を見て行きましょう!

優待情報

内容1

●100株以上 合計8,300円の自社サービスクーポン3種類 

※要会員登録

●100株以上 「楽天kobo」での電子書籍購入に対し「楽天スーパーポイント」を2%増付与

※要会員登録

●100株以上 抽選で株主限定「楽天イーグルス」・「ヴィッセル神戸」グッズ

●100株以上 「楽天イーグルス」(主催一軍公式戦)・「ヴィッセル神戸」(主催公式戦)観戦チケットの優待価格販売

●100株以上 楽天証券口座での自社株式(現物)購入手数料30%ポイント還元

※楽天証券口座にて自社株を保有している株主が対象

●100株以上 楽天証券の株式等オンライン取引ツール「マーケットスピード」利用料1年間無料

※楽天証券口座にて自社株を保有している株主が対象

となっております。

こんなに多いとは思いませんでした…!

情報

・権利確定月  12月

・優待利回り  7.4%

・最低限優待貰うために必要な投資額 110,000円  ※2016年7月時点

楽天ポイントが使えるお店なども増えてることから楽天の拡大が

肌にしみてわかります。

証券会社など金融をグループで持っているところは強いと思います。

長期投資として保有してもいい銘柄かと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください!

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]