短期投資をやっている人は90%は負けている

短期投資をやっている人は90%は負けている

短期投資をやっている人は90%は負けている

株式投資にはいろんなやり方があります。

その中でも大きく分けられるのは

「短期投資」「中期投資」「長期投資」と期間に分けて投資するもの。

この中でも多くの人が行っているのが短期投資と言われています。

短期投資を行っている人は90%は負けているとも言われています。

特にネットや本で出回っているものは短期投資のものが多いのも一つの要因かもしれません。

短期売買で、株式投資の初心者が取引を始めて大体の人が、損を出して株を辞めます。

それかビギナーズラックで利益が出る人もいるかと思いますが、

こういった短期売買の手法は長続きしないことが多いといわれています。

株式市場全体で見ると、結局は損を抱えてしまう人が多いようです。

現実は厳しいですね…。

短期投資は、「投資」と思われがちですが、正確に言うと投資ではなく「投機」

というくくりになるかと思います。

また株式市場全体の90%以上売買代金は機関投資家が占めているとも言われています。

その相手に1日の中で何回も取引をして利益を出すのは厳しいでしょう。

短期投資=投機としてよく言われる「ゼロサムゲーム」

誰かがかったということは誰かが負けたという事。

ということは市場全体でみると「0」になる。これが投資の観点からみるとよくないですね。

FXなんかでよくたとえられます。

投資の考え方としてゼロサムゲームになると結局ギャンブル性が高くなるので

よくないと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]