株式投資初心者が注意する点(2)

どうも。

株式投資初心者が注意する点(2)

株式投資初心者が注意

前回の株式投資初心者が注意する点(1)に続いてまだまだ

投資初心者、20代投資家が注意する点があったので

今回も引き続き株式投資初心者が注意する点として

調べて更新致します!

浮かれてしまうと足元すくわれるのでしっかりと最低限のルールを

把握しましょう!

差金決済の禁止

これは「短期的な売買」の場合に関係することです。

株式投資における現物株取引では差金決済取引となる取引が禁止とされています。

なので長期投資を考えている投資初心者、20代投資家の方にはほとんど関係ないかなと

思います。

一日に何度も株式を売買する場合は問題となってきます。

そもそも差金決済とは、現物を売買するではなく、買値と売値の差額だけを

取引する方法のことを言います。

信用取引やオプション取引などが差金決済が可能な取引です。

ですが、最近のネット証券は、ほとんど差金決済取引ができないようにシステム化されていま

す。なのでわからなくても安心ですね。

まあ初心者がすぐに短期売買はやっても続かないと思うので関係ないかもしれませんね。

インサイダー取引

この記事でも以前書きましたが、「インサイダー取引」は禁止されています。

簡単にいうと上場企業の重要情報を知ることができる人例えば、

「株式の分割や合併などに関する情報」「会社の業績に関する情報」「新製品に関する情報」

その情報が公表される前に株式を売買することです。
罰として5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金あるいはその両方というものが設けられて

います。もちろんその利益も没収です。

投資初心者が陥りやすいこととして、親族が上場企業の上層部にいて話をたまたま聞いて

それから株式を売買をする。この場合もインサイダー取引としてみなされる可能性が

あるので気を付けましょう!

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]