投資信託ってなんぞや?

今日で…

私は今日で仕事納めとなります。

1年はやいですね…。

今日みたいな日はあまり仕事自体はないので、

結構暇なんですよね!

今日一日最後頑張りましょう!

本日は投資についてよく出てくるキーワードを調査したいと思います!

そのキーワードは「投資信託」です。

ちゅうわけ早速で調べました!

投資信託ってなんぞや?

投資信託 画像

「株式投資」はだいたい理解はしているけれども、「投資信託」って何?って方が

意外と多いです!(私の事です)

簡単にいうと運用の専門家に方に資金を一つに集めて(個人などから)

大きな資金として運用をしていくものを「投資信託」を言うらしいです。

投資の初心者の方は、この投資信託から入られる人も多いらしいですね。

専門家にお願いすることによって、

個人ではなかなかできない幅広い情報収集と分析から投資ができるとのこと。

色々と細かい仕組みがあるんですが、これは次回ということに…(笑)

わかりやすく、メリットデメリットを調べました。

投資信託‐メリット‐

1‐少額から投資が始められる。

投資信託は積み立てですと月1000円から始められるようです。

2‐分散で投資ができる

この間勉強しましたが、投資で一つのものに酷使して投資をしてしまうのは大きなリスクです。

投資信託だと複数の銘柄に資金を分けて投資をすることになるので値下がりなどの様々なリスクを、

分散、軽減することができるとのこと!

3‐株式だけではなく、国や地域を資産にできる

投資信託は、国内外の株式・株価指標・不動産・債券など、多様なものがあるそうです。

個人投資家には難しい、発展途上国の株式や債券なども投資対象とのこと

4‐プロ運用屋(ファンドマネージャー)が運用

プロの方が運用してくださるので難しい知識やノウハウなどが必要ないとのこと。

定期的にどうだったのかレポートもくれるそうです。

投資信託‐デメリット‐

1‐手数料がかかる

投資信託には運用のプロにお願いするのでその分人件費がかかります。

また細かく言うと「販売買付手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」

などがかかるそうです。

2‐元本保証がない

もちろん投資なので保証はありません。

プロといえど人間なので運用がうまくいかないときもあるそうです。

購入した時よりも下回る可能性は全然あり得るということです。

まとめ

ほんと簡単ですが、「投資信託」について調べました。

私も投資初心者なんで、まずは投資信託を行ってみようかと思います。

少額から始められるので…(笑)

わかりづらい用語等については、また調べようかと思います!

それでは今日は





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]