株式投資において知っておきたい税金

株式投資において知っておきたい税金

株式投資において知っておきたい税金

株式投資を行う上で、税金の事も頭に入れておかなければなりません。

株式投資を行う上で必要になる税金は、大きく分けて「譲渡所得課税」と「配当課税」

の二つになります。それぞれ株式投資において知っておきたい税金をみていきましょう。

譲渡所得課税とは?

譲渡所得課税は簡単にいうと株を売った時に利益が出れば税金がかかると言う事です。

現在の税率は20%となっています。株式投資にかかる税金は申告分離課税となっています。

これは毎月かかるわけではなく、1年に1回確定申告をして1年間通しての利益に対して

税金がかかるようです。

配当課税とは?

配当課税は所有株式企業が配当を行っている場合に配当を貰う場合に税金がかかります。

この時も20%の税金がかかります。税率20%となっていますが、

現在では東日本大震災特別復興税が適応されるためでもあるようです。

また、年間の収支にもよりますが、ほどんどが確定申告をしなければならない状態に

なるかと思います。

どのような方が対象かというと、複数の口座をお持ちで、

どこかの口座で損失がある場合や特定口座でも、源泉徴収なしを選択した場合、

株などの所得が年間20万円以上の場合である。確定申告すると、

還付金の可能性もありますので、損失のある方などは確定申告をおすすめします。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]