投資において重要なコスト

投資において重要なコスト

投資において重要なコスト

投資をやってみたいな…でもイマイチよくわかないという言葉を聞きます。

その中でも「手数料ってあるの?」「コストってどのくらい?」

など聞くことがよくあります。コストが発生する以上はやはりコストの考え方も

重要になってきます。今日企業のでは「コスト削減コスト削減」と耳にタコができるくらい

言っていますね。

なのでコストをあまり考えないで投資や事業をすることは無謀ですね。

投資においてもコストは重要なのです。

どんな投資であれ「ルール」という大切なものがあります。

その中の一つに「手数料(コスト)を抑える」。これがあります。

コストは取引手数料や運用経費など投資の種類によって様々ですが、

コストは確実に起こるリターンの減少要因です。高ければ高いほど利回りが悪くなるのは

当然のことです。

例えばコスト(管理手数料など)が年に2%のが取られていて、

それを1%に削減できれば、考え方をちょっと変えれば

年に1%のリターン増加」と同じことにもなります。

手数料(コスト)について、見直すことにより、

年数%単位でリターンの改善ができる可能性がおおいにあり。

金融機関(銀行マンや証券マン)のいうことい素直に取引してしまっている方、

自分はそうなりそうだな…という人は資産運用方法についてコストを見直す、考えるべき

だと思います。

これは株式投資だけのものではなく、投資全般「銀行預金「投資信託」「保険」「年金」

「不動産投資」など、どのような投資においても多くの場合手数料や経費がかかってます、

意外と気が付かないと思いますが、投資家はそれを負担しているのです。

なので長期的に投資・資産運用を行うのであれば、この取引コストを引き下げることは

大きな収益改善につながりますし投資人生においても重要なことでしょう。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]