富裕層は読書量が違う

どうも。

富裕層は読書量が違う

富裕層は読書量が違う

お金持ち、富裕層の特徴をいくつかこのブログでも書きましたが、

1つの説に「読書量が圧倒的に違う」という内容を目にします。

一説によると、高額所得者ほど本を読んでいて、低所得者程まったくといっていいほど本を

読まないと言われています。

果たしてどうなのでしょうか?

「富裕層は読書量が違う」というのを調べます!

富裕層となった人達はなぜ資産を築くことができたのか。

これは読書をするという習慣だとも言われています。

一般的に本はあまり読まれないと言われています。

とあるデータによると20代30代のビジネスマンは1年間で平均3.1冊しか

本を読まないようです。

平均1か月0.26冊となります。

とは反対に30代で年収3000万円の人達は1カ月間で平均9.88冊だそうです

なんと20代30代の一般的なビジネスマンと30代で年収3000万円の差は30倍以上。

これは年収に差が開いている証拠でもあるかと思います。

また世界の大富豪のビル・ゲイツやウォーレン・バフェットでも

1日30分以上本を読んでいます。

世界的に見ても年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしているのは

たったの2%しかいないそうです。

成功している人で本を読んでいない人はいないとまで言われています。

20代は、貯金するお金があったら、その分本を買ったほうがいいでしょう。

それも一つの投資です。将来的に自分に返ってくるのですから。

時間はあっという間に進んでしまいます。

20代で全く本を読んでこなかった人とちゃんと投資と考えて読んできた

人とはだいぶ差がでてくるかと思います。

ただよく本屋で並んでいる「自己啓発」本を読みあさってもあまり意味がないようで

ジャンルなど関係なく幅広く読書しいろいろな知識を得て「自分なりの考えをもつ」

ということが重要だそうです。

これを癖つけると年収が高い人とも話ができ、信頼されるそうです。

お金を稼ぎたいと思い短期的に求めるのもわかりますが

長期的に「投資」の思考で時間を無駄にすることなく

過ごしていきましょう!

おすすめ無料セミナー

「もうちょっとお金について学びたい」「賢く資産運用したい」「投資で失敗してしまった…。。」

など考えている方は無料体験セミナーに行かれてはいかがでしょうか?

「少額から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」等、

お金に関する基本的な知識がなんと「2時間」学べる無料のセミナーです。

毎日のように行われているようなので、一度参加してみる事をおすすめします。

お金の知識を身につける事で考え方が大きく変化して今後の人生が変わってくるかもしれません。

無料ですが、内容は濃いのでおすすめです。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。

それでは





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]