「投資家目線」「消費者目線」で物事を考える

「投資家目線」「消費者目線」で物事を考える

「投資家目線」「消費者目線」で物事を考える

投資家になる為には、お金がたくさんありながらも毎日ぼーーとしていては

それは投資家としてはだめになるでしょう。

投資家になる為には常に情報を得ることが重要です。

またその情報を得てそれを素直に飲み込むのもまた違います。

情報を得たら自分なりの意見をもち考えることが重要です。

これは投資だけではなく、ビジネスの世界でも共通していることだと

思います。

その考える軸として「投資家目線」と「消費者目線」の2つが重要だと

思います。

「投資家目線」

ここでいう投資家目線とは、株価のチャートを見るようなことではないです。

世界一の投資家ウォーレンバフェットのようにその情報にかかわる企業をみると

いうことです。

その情報でその企業が長期に渡って利益を創出できるのだろうか。

短期的な側面ではなく「長期的に」とらえることがまずは投資家目線の大事なポイント

かと思います。

1手2手先のことを考える。想像するということで投資家の目線になれるのでは

ないでしょうか。

「消費者目線」

個人投資家の目線は重要です。特に強く表れるのが「消費」という分野です

消費者の目線で「良い」と思った商品やサービスはやはり「良い」からです。

他の人もいいと思うので自然とその企業の売り上げにつながり株価も上昇します。

投資の基本的な考え方でもあります。

賢明な投資という名本にも書いてあります。

なのでその得た情報が消費者にとってどのような影響がでるのだろうか。

という頭の発想をすることで考え方が変わっていくでしょう。

この「投資家目線」「消費者目線」を意識して得た情報を自分なりに

考えてみてはいかがでしょうか?

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]