専業投資家になるには資金いくら必要なのか

専業投資家になるには資金いくら必要なのか

個人投資家の方のほとんどが、兼業投資家だと思います。

要は本業は別にあり副業感覚で投資を行っているということです。

きっと心の中では…「いつか専業投資家に…」と思っている投資家は多いいでしょう。

では一体専業投資家になるには資金いくら必要なのかを調べてみます。

最低でも400万以上

専業投資家になるということは、他のお金が入ってくる入口がないので

投資の成績で生活が全然に変わってくるでしょう。

一つの目安としてよくあるのが、

「会社員時代の年収を超えてから専業投資家になる」

というもの。だいたいサラリーマンの平均年収が400万ちょっとかと思うので

まずは400万以上の成績がでる上で、資金が400万以上となります。

株式投資だけで400万円利益がでるようになってから専業投資家になることを

考えてもいいタイミングでしょう。

ですがこれはあくまで一般的な考えで、自分に置かれている立場・環境によって大きく変わっ

てくるでしょう。家庭があり子供がいるようであれば1000万以上資金があって初めて専業投資

家として生きていくか関上げてもいいと思います。専業投資家の怖いところは、利益が出なけ

れば「働いてない」と同じになってしまいます。資金が少なく利益が出てない状態がつづくと

精神的に疲れてきっといい成績は出てこないでしょう。

きっと専業投資家として始めるとこういった場面はでてくると思うので

メンタルが弱い人は専業投資家に向いてないかもしれません。

常に心の余裕を持っておくためにも400万以上の成績がでる上で資金は多めに専業投資家になるには1000万近くあった方がいいかもしれませんね。

おすすめ無料セミナー

「もうちょっとお金について学びたい」「賢く資産運用したい」「投資で失敗してしまった…。。」

など考えている方は無料体験セミナーに行かれてはいかがでしょうか?

「少額から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」等、

お金に関する基本的な知識がなんと「2時間」学べる無料のセミナーです。

毎日のように行われているようなので、一度参加してみる事をおすすめします。

お金の知識を身につける事で考え方が大きく変化して今後の人生が変わってくるかもしれません。

無料ですが、内容は濃いのでおすすめです。

20代投資家 投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]