個人投資家として生きることが「できる人」「できない人」

個人投資家になれる人の共通点とは?

個人投資家として生きることが「できる人」「できない人」

夢の職業でもある「投資家」という職業。

その個人「投資家」として生きることが「できる人」「できない人」が

います。ですが、投資家として自由に生きていくのはそんなに難しいことでは

ないかもしれません。

昔に比べれば時代も流れて「一生同じ会社に勤める」という概念も薄れつつはあります。

ですがこちらの方が安定できるという根強いものはあります。

ですが世の中には20代でマンション投資を行い、何棟も不動産を保有している人もいれば

株式投資で5000万以上を運用している人もいます。

こういった人達はどのような共通点があるのでしょうか。

きっとこれは「行動力」「決断力」という2つの凄さがあるかと思います。

こればビジネスでも重要なことですが、やはり上にいる人たちはこの「行動力」「決断力」

は長けているものはあると思います。

誰もが投資を行っていると一度は「投資資金がそこをつきそう…」「欲張りすぎて痛い目に」

という経験があるかと思います。

この経験を得てさらに「行動力」「決断力」を付け加えることで

個人投資家として生きていけるのかもしれません。

むしろ生きていけない人というのは、失敗をそのまんまにして考えすぎてなかなか

行動できない人。また優柔不断な人かもしれません。

物事を深く考えることは非常に大事ですが、

それで行動できなかったら意味がありませんね…。

個人投資家を目指そうとしている人はまずは自分に照らし合わせてみて

考え方を見直してみるものいいかと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]