20代貯金無しでも大丈夫。

20代貯金無しでも大丈夫。画像

20代はついに社会人になる年代。

アルバイトとは違い、大きなまとまったお金を手にします。

とはいえ20代は男性、女性関係なく、仕事をしたり遊んだりと、とても楽しい時期です。

お金の使い道もある程度自由がきく20代なのでほとんど貯金をしていない、貯金がなし!

という人もいるでしょう。

ですが20代のうちに貯蓄グセがある人は注意した方がいいでしょう。

いつでもお金を貯められると思ったら危険です。

いつか結婚でたらいいなと思って結婚できないのと同じで、

10年後、20年後も同じことを言っている可能性が高いです。

収入が少ないから貯金ができないという人もいますが、

貯蓄は年収の多い少ないが問題なのではなく、お金を貯める意識が重要です。

せめて20代の内に浪費癖をやめて、貯蓄グセを身につけておかないと、

いつまでたっても貯金できずに、20代で貯金なしになってしまいます。

なぜ貯金をすべきなのか?

正直10代から小さく貯金できている人は問題ないかと思います。

むしろそういう人は次のステップに進み、「投資」「資産運用」と効率よく

お金を増やす方法に進んだ方がいいでしょう。

貯金ができない人は自分の人生設計も上手くいかないので

まずは誰でも始められる貯金をして人生設計をするうえで必要な費用を貯めるのです。

貯金というのは今後の自分の将来に向けて大きな武器となります。

最初に「お金がない…」となってしまうと一気に選択肢が少なくなります。

それではもったいないですね。だからその選択肢を広げるためにも

最低限貯蓄する、貯蓄できる能力を持っておくのです。

20代の貯金なしが多い?

とはいえ世の中には20代の貯金なしという人は多いいものです。

データによると20代で金融資産(貯金)を持っていない貯金なしの割合は、62.6%。

3人に2人は貯蓄なしと答えているのです。

20代の他の人もみんな貯金ゼロだから大丈夫というわけではなく、これほど20代は

楽しくお金をつかってしまいますね。

だからこそ20代という早めの段階でこの意識を変えることが大事です。

貯蓄ゼロの人は、最初の一歩を踏み出すことが、何よりも大切です。

20代からできる100万、1000万の貯金額を貯めるコツ

早いうちから貯金している人の中には、貯金をするのが上手な人もいるでしょう。

きっと貯金が好きなのかもしれません。

100万、1000万20代で貯めている人も多いでしょう。

ではこれから貯金をしていくために

・まず目標貯金額を100万円にしてみる

・固定費と抑えてみる(通信費など)

・家賃の更新時に交渉

・不要な保険には入らないこと

・ボーナスは使わない分はすぐ貯蓄

でまずはできることから始めてみるのもいいいでしょう。

20代から始めるのと、30代から始めるのとでは大きく違います。

まずは初めて見ることから!何事も継続することが大切です。

もっと基本的なお金周りを学びたいと思う方はオススメはこれ!

おすすめ無料セミナー

「少額から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」等、

お金に関する基本的な知識がなんと「2時間」学べる無料のセミナーです。

毎日のように行われているようなので、一度参加してみる事をおすすめします。

お金の知識を身につける事で考え方が大きく変化して今後の人生が変わってくるかもしれません。

無料ですが、内容は濃いのでおすすめです。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]