20代にマンション購入するメリット・デメリット

20代 マンション 購入

昔に比べて若いうちから「家」「マンション」を購入する20代が増えて生きている

と言います。マンションなど不動産は簡単に購入できないのでとても悩むものではあります。

人生において一番大きな買い物です。

実際のデータではマンションや戸建ての購入者は30代が大半を占めているといいます。

※住宅金融支援機構の調査による。

分布てみると20代が約16%、30代が約60%、40代が約19%となっています。

数字をみてわかるようにが30代で購入するようですね。

この比率をみると20代でマンション・戸建て購入がいけないのかな?と思ってしまうかもしれませんが。

そうではありません。

昔に比べると20代のうちにマンション・戸建て購入が容易になってきています。

頭金がない状態で購入となるとちょっと話が変わってきますが。

ある程度の頭金があればマンション・戸建て購入は20代でも全然メリットはあります。

それぞれ20代でマンション・戸建て購入のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 メリット

20代でマンション・戸建て購入のメリット

・返済期間を比較的長く組める

・老後の余裕を作りやすく、老後の準備が楽になる。

・家賃負担が比較的少なくなる

・収入が少ない時に購入することで、その後の収入増加した場合、返済が楽になる

・若いうちに資産を持つことができる

デメリット

20代でマンション・戸建て購入のデメリット

・収入が少ない場合、借入可能額が低くなる

・ライフプランの変更に対応できない可能性があり。(結婚、出産、離婚、転勤、転職など)

・返済期間を長くする場合、トータルの利息負担は大きくなる。

・頭金が少なくい場合の借入可能額は、購入可能な物件価格も限られてしまう。

となります。

他にもあると思いますが大まかに考えるとこのあたりになるかと思います。

20代で購入というメリットはやはり「時間」かと思います。

若さというのがあります。返済期間も長くできるというのもありますし、

収入面でも今後に期待できるというのがあります。

20代のうちに、マンション・戸建てを購入して30年返済を利用したとしても、

50代のうちに返済が終わるのでその後の老後生活も経済的に楽になり楽しくなるでしょう。

ローンはいわゆる借金でもあるので、貯蓄をあまりできない人が簡単にローンを組んでしまうと

大変だと思います。計画的にお金も使えていける人には問題ないかと思います。

少し賃貸を払っている20代であれば、この際にマンションや戸建てを購入した方がメリットは

それなりに大きいかもしれません。

資産が持てるというのはいいことです。

最後に決めるのは自分自身ですので、資金計画をしっかり行い

納得いく形で行動しましょう。

おすすめ無料セミナー

「もうちょっとお金について学びたい」「賢く資産運用したい」「投資で失敗してしまった…。。」

など考えている方は無料体験セミナーに行かれてはいかがでしょうか?

「少額から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」等、

お金に関する基本的な知識がなんと「2時間」学べる無料のセミナーです。

毎日のように行われているようなので、一度参加してみる事をおすすめします。

お金の知識を身につける事で考え方が大きく変化して今後の人生が変わってくるかもしれません。

無料ですが、内容は濃いのでおすすめです。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]