お金持ちと貧乏人は「お金の流れ」が異なる

どうも。

お金持ちと貧乏人は「お金の流れ」が異なる

お金持ちと貧乏人は「お金の流れ」が異なる

「お金持ちになる人」と「お金持ちになれない人」とでは一体何が違うのか。

またお金の使い方にどのような違いがあるのか。

ここで「お金持ち」と「貧乏人」の「お金の流れ」を勉強していきます。

ここではお金の流れを川に、貯蓄をダムに例えるとわかりやすい!というのを

教わったので書きます。

お金持ちの「ダム」はお金という水でいっぱい

「お金持ち」と「貧乏人」ではどのようなお金の流れの違いがあるのでしょうか?

ここではお金の流れを「川」。家計の貯蓄額を「ダム」。と致します。

一般的に「衣食住」と給料という流れがあります。

毎月働いていれば、「給料」という川から「お金」が流れてダム(貯蓄)に

溜まります。

ですが日々の生活で欠かせない「衣食住」にお金を使うことになるので

その「衣食住」それぞれの川にお金が流れてしまいます。

いくら給料という大きな川からお金が流れてきてもこの「衣食住」も大きくお金が

流れてしまっては上からしたにお金が流れているだけとなってしまいます。

「お金持ち」はこの「衣食住」の川のコントロールが上手いと言われています。

ここのコントロールができる、できないがまず「お金持ち」と「貧乏人」のお金の流れの

違いになってくるようです。

少しでもここのダムに貯めなければ、「お金になる木」を作ることがそもそもできません。

一方的に川への流れっぱなしです。

ここの「衣食住」の川のコントロールさえできれば自然とお金がダムに溜まっていき

給料の川とは別の川を作ることができるのです。

これが「お金持ち」と「貧乏人」のお金の流れの違いかなと思います。

20代投資家、投資初心者の方

参考にしてください。





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]