20代で元手50万を持っている人の投資戦略とは?

資金50万円で20代が投資を成功させる方法をご紹介!

「20代から将来に備えてお金を増やしたい」

「50万円しか資金を持っていないけど投資したい」

とお思いの20代と若いあなたは、色々と投資商品がある中でどれにしようか悩んだり、本当に適切な投資商品がどれなのかわからなかったりと、決め切れていないのではないでしょうか。

そこで、当ページでは投資初心者で、資金が50万円ほどをもつ20代の方が、安心して投資先を決められるよう、おすすめ投資商品をご紹介いたします。

本文では、20代から50万円を投資をする上で意識する点も同時に解説しながら、各投資商品の違いをご説明いたしますので、こちらをご覧いただければ、20代から50万円を投資する上でのすべてが網羅されております。

それでは、まず20代から50万円の資産を投資する上でのポイントを見ていきましょう!

50万円の資産を運用するなら?そのポイントを解説!

まず、20代で50万円という資金を投資する上で注意する点についてご説明しますね。

投資というと数百万円、数千万円からするものであるとお思いかもしれませんが、50万円という資金からでも始められる投資はあります。

その中で、20代という年齢なども考えて、注意するポイントは、
・分散投資はできない
・ハイリターンを狙う
・元手を増やす

という3点です。それでは、1つずつ詳細をご説明します!

分散投資はできない

まず、50万円という資金では分散投資はほとんどできません。少なくとも資金が数百万円、数千万円あれば投資先を分散し、リスク分散をすることができますが、50万円では複数の商品に投資することはできませんし、する必要がありません。

また、50万円という資金を分散投資して、リスクを取らないようにしていても、大きな利益は見込めないでしょう。本当に運がよく年利10%を得られたとしても、年間5万円の利益しか見込めないのです。

これでは、20代という年齢を考えても資産を増やすスピードが圧倒的に遅いですよね。

ですので、20代という若い年齢だからこそ、リスクを少しとったとしても、一つの投資商品に絞って投資することになります。

ハイリターンを狙う

50万円という資金では、考え方にもよりますが、ハイリターンを狙った投資をする必要があります。50万円という資金だと、先ほどもお話ししたように、運よく年利が10%とれたとしても年間5万円という利益しか得られませんよね。

ですので、20代というリスクを取りやすい年齢から、年利20%や30%、またそれ以上のハイリターンが得られる投資をするべきなのです。

ただ、ここで注意すべき点は、リターンが大きい分、資産が減ってしまうリスクをとる必要があるという点です。50万円という投資資金を短期間で大きく拡大したいということでしたら、それなりのリスクがあるということを受け入れましょう。

また、20代ということでしたら、50万といえど、できることなら資金を減らしたくはないでしょうが、30代40代の方より、リスクを取れる年齢だと思いますので、慎重かつ大胆に投資することが大切です!

元手を増やす

次のポイントは、資金50万円からさらに元手を増やしていくことです。50万円から大きな可能性をもつ投資商品に投資し、年利20%、30%得られたとしても、元手が少ないと得られる利益もなかなか大きくなりません。

ですので、20代という比較的お金がかからない年齢から、投資をはじめ、かつ給与所得や副業から元手を増やしていくことが大切です。

では、具体的に20代の方が50万円を投資資金として投資する場合どのような投資先が良いのでしょうか?

一つずつご紹介しますので、一緒に見ていきましょう!

おすすめ、20代の投資先

では、20代の方が50万円を短期間の投資で大きく増やすのに、おすすめの投資商品をご紹介します。

数千万円という資金ではなく、50万円ということなので、ハイリターンを狙ってある程度リスクをとった投資商品をご紹介することになります。

今回、おすすめする商品は
・FX
・仮想通貨

の2商品です。
では、それぞれ見ていきましょう!

ハイリターンが期待できるFX

FXという言葉を、20代という年齢であれば、周りから話を聞くことがあるのではないでしょうか。FXとは、「Foreign Exchange」の略で、日本語で、外国為替証拠金取引のことを言います。異なる国の通貨間の売買を繰り返すことで、その差益を得る投資のことを言います。

これでは少しぴんと来ないと思いますので具体的にご説明しますね。

例えば、1ドル100円の時に、100円を1ドルに交換したとします。その後、円安が進み、1ドル120円になったときに、交換した1ドルを円に換金すると、120円が戻ってきます。

この2度の取引で100円120円に増やすことができました。これが、差益を得るということです。これを短期間で繰り返し行うことで利益を得るのがFXです。

では、FXのメリットとデメリットを見ていきましょう!

メリット

大きなレバレッジをかけることができる

レバレッジとは、直訳すると「てこの原理」のことを言い、FXでは元手よりも大きな資金の取引をすることができます。国内のFX業者では、元資金の25倍の取引をすることができるのですが、海外の業者では1,000倍の取引をすることができるところもあります。50万円であれば、5億円の取引までできるのです。

つまり、少ない資金でも大きく勝つことができる可能性があるのです。

少額から参加できる

FXは数千円から参加することができます。株式や投資信託などは少なくとも数万円からしか投資することができませんが、FXは少額の資金でも始めることができるので、資金50万円以下で始める20代の方もが多くいます。

いつでも簡単に取引を行うことができる

FXは24時間取引可能なので、手が空いた時、仕事が終わった平日のよる、土日祝日にも取引をすることができます。国内株式市場は、平日の朝9時から15時という限られた時間でしか取引を行うことができないことを考えると、はじめるハードルが低いというのが特徴です。

デメリット

ハイリスク・ハイリターンでギャンブル性が強い

FXの大きなデメリットは、ハイリターンである一方ハイリスクである点です。投資資金の何倍もの金額を取引することができるため、投資資金以上のマイナスがでる可能性もあります。

ただ、損切りという概念を勉強したり、最初はレバレッジを数倍に抑えるなど、対策をとれば急に全額なくなるということはないので安心してください。

常にチャートの動きが気になる

24時間取引ができるため、常にチャートの動きが気になってしまいます。特にポジションをとっている(レバレッジをかけて取引している状態)であれば、いつ売るか買うかを見なければいけないため、普段の生活に支障をきたす可能性もあります。

20代というバリバリ働く年齢で、本職に支障をきたしたら本末転倒ですよね。

オンオフの切り替えが上手くできる方でしたら、特に気にならないと思いますが、普通の人であれば気になってしまいますよね。

FXは知識とか経験が必要だし、言い噂を聞かないのでちょっと、、、、という方もいると思います。

そんな方には、次の投資をおすすめします。

では、最近ニュースなどでもよく聞くようになった仮想通貨への投資についてご説明します!

今話題の仮想通貨

仮想通貨とは、インターネット上で管理、取引されるデジタル通貨のことを言い、ブロックチェーンという高度な技術が使われています。

このブロックチェーンは先進的な技術で、管理者がいなくとも自動的に仮想通貨が生成され、管理されるという仕組みになっています。このような仮想通貨は、実物の貨幣がなくすべてWEB上で取引されるというのが特徴です。

ビットコインは最近普及が大きく進んでおり、実際ビックカメラや百貨店のマルイ、不動産の購入にビットコインによる決済ができるようになっています。

では、投資商品としての仮想通貨とはどういうことなのでしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨の価格がここ最近急騰していることが理由で、投資商品として注目されています。

ここ一年でビットコインの価格は5倍以上、第二のビットコインと言われるイーサリアムは40倍近くも上昇。これがビットコインをはじめとした仮想通貨が投資商品として注目されている理由なのです!

ちなみに、仮想通貨に投資する人は20代や30代が多くを占めているのです。

では、20代で50万円の資金を持っている方に仮想通貨を薦める理由はなんなのでしょうか?

その仮想通貨投資のメリットを見ていきましょう!

メリット

大きく価格が上昇する

先ほどもご説明したように、短期的にも大きく価格が上昇する可能性があります。2016年から2017年にかけて、ビットコインは5倍の価格になっています。ここから1年で同じように5倍以上になる可能性は低いですが、数倍になる可能性は十分に高いと言えます。

また、あのハーバード大学の教授が、2021年には、ビットコイン価格が今の20倍ほどになるという試算をだしているなど、長期的にも短期的にも投資商品としては魅力的なものが仮想通貨なのです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格上昇で儲けた管理人の投資先はこちら

リターンの大きさと比較してリスクが低い

20代で50万円の資金を短期的に大きく増やしたいという方にとって、リスクはある程度覚悟が必要ですが、仮想通貨はリターンの大きさと比較してリスクが小さいのです。

確かに仮想通貨は価格変動が激しいので、大きく値を下げる可能性があります。ですが、将来的に金融システムに大変革を起こす可能性のある仮想通貨は、その将来性に期待されて数か月、数年単位で見ると上昇傾向です。

また、日本を代表する企業と提携しているなど、大きく期待されていることからも、この仮想通貨の勢いはだれも止めることができないでしょう!

成熟した投資商品である投資信託などと比較すると、仮想通貨はまだ成長段階ということもありリスクは高く思われがちですが、リスクに対するリターンは非常に大きいと言えます。

ただ、そのリスクも20代ということを考えると、利率の低い投資商品に投資して、小さく稼ごうとする方が、20代という若いあなたの将来の可能性をつぶすという意味を考えたらリスクと言えると思います。

デメリット

価格変動のリスク

数週間で短期的に稼ぎという方にとって、短期的にみると価格が下落する可能性があります。今までだと、1~2週間で3割程価格が下落するというのは仮想通貨市場ではよく起こりうることです。ですので、購入後すぐに大きな損をする可能性もあります。

ただ、ネガティブなニュースで一旦価格が急落したとしても、その後下落前より大きく上昇するというのがここまでの仮想通貨市場です。ですので、数か月、数年という単位でみると間違いなく価格は上昇するでしょう。

逆に、1ヶ月で2倍以上の価格になることもあります。例えば2017年7月末から2017年8月末にかけて、2倍以上に価格が上昇しました。

このように、短期的に大きく上昇する可能性があり、下落したとしても、長期的に保持していれば儲かるというのが仮想通貨の市場です。

第一、1ヶ月で倍以上の価格になる投資市場なんて仮想通貨市場くらいなので、20代で50万を短期的に大きく増やしたいということでしたら、最も合っている投資商品の一つと言えますね。

まとめ

ここまで、20代で50万円の資金を投資に回したいという方におすすめの投資商品として、FXと仮想通貨をご紹介しました。

他の投資対象としては、投資信託や不動産投資、株式投資などがありますが、あまりおすすめしません。というのも、20代というリスクをある程度とれる年齢で、50万円という資金ということを考えると、リスクを取ることが必要だからです。

投資信託は利率が数%と低く、年間数万円しか増えません。また、不動産投資をするには元手が50万ではなかなか厳しいというのが実情ですし、20代だとなかなか融資もおりません。

株式投資は、IR情報が読める、会社四季報を理解できるなど、勉強が必要なため、短期的な投資で大きく増やすことは一筋縄では難しいです。

そのような考えから、今回はハイリスク・ハイリターンのFXと今後上昇する可能性の高い仮想通貨の投資をご紹介しました。

ぜひあなたに合った投資商品を探してみてください!





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする