「下流老人」ってなんぞや?!

急激に…

どうも。

まーーー寒くなりましたね……

なんだかんだ日本は寒い時期がながい気がします。

朝がきついんだこれ!!

寝る前に湯たんぽして寝るのが日課です。(笑)

そんな今日はよく聞く「下流老人」というワード。

気になっていたのでなんなの調べてみました!

「下流老人」ってなんぞや?!

キャプチャ

下流老人とは…

普通に暮らすことができない苦しい生活を強いられている老人のこと

を言うそうです。

頼る家族がいなかったり、貯蓄も底をついてしまった…など。

高齢になってそういった状態に陥ってしまうことを下流老人と言うそうです。

「流行語」というわけではなく、今後そういった人たちが増えていくと言われているので

これが怖い!高齢化社会なのでますますですね。

貯蓄や株などに投資していたり

財産に余裕がある人はこうはならないと思いますが、

年金額の貰える額も今後少なくなりそうですし、

投資などをしていない人のほうが多い現在、

働く場所もない、万が一病気になってしまったら……。

いったい誰が助けてくれるのかってことですね…。

そういった人が出てきているということですね。

そうならないためにも日頃の生活を見直していく必要もありますね。

自分の経済状況や今後のことを考えるのも重要ですね。

今でてきた「流行語」ではなく、

下流老人の問題は現役で働く世代も将来陥る問題!

としてとらえるべきですね。

今言われているのが…

q

年収400万円程度だと、「老後にもらえる年金額は月20万円を下回る」ということも

言われております。

現在は65歳から受給できますが、今後は70歳とかにもなる可能性も…。

前は60歳でしたからね。

しかも実際にもらう額に税金がかかってくるので数万円減少するとか!

やってられん!!!

現在の年齢で老人の事は考えすぎかもしれませんが、

「下流老人」にならない為にも、投資含めて仕事も頑張らないといけませんね。

ちょっと重くなっちゃいましたが、

今日は 





2017年5月時点における管理人の総資産割合と資産の推移。5月の「仮想通貨全体の爆上げ」により資産が200万から2900万に急増。14.5倍になりました。




2017年後半以降について、ビットコインやリップルはこれ以上極端な上昇は見込めないので、フュージョンコインに資金を移動。チャートの上昇を待っています。

[`google_buzz` not found]